田中一村たなか いっそん

  • 買取強化中

田中一村について

田中一村の作品を高く評価しております。
もし作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

田中一村

田中一村(たなか いっそん、田中米邨、1908年7月22日 - 1977年9月11日)は、日本画家である。奄美大島の自然を愛し、その植物や鳥を鋭い観察と画力で力強くも繊細な花鳥画に描いた。本名は田中孝。

1908年、栃木県下都賀郡栃木町(現・栃木市)に6人兄弟の長男として生まれる。父は彫刻家の田中彌吉(号は稲村)。

若くして南画に才能を発揮し、「神童」と呼ばれる。

1926年、東京美術学校(現・東京芸術大学)日本画科に入学。しかし、自らと父の発病により同年6月に中退。絵を描いて一家の生活を支える。

30歳のころ、千葉に移住。農村の風景や自然の景色、動植物の写生に取り組む。

1947年、「白い花」が川端龍子主催の第19回青龍社展に入選し、画壇デビューを果たす。このとき米邨から一村と改名した。しかし一村は川端と意見が合わず、青龍社からも離れる。

1953年・1954年に日展、1957年・1958年に院展に出品するも落選。

1955年の西日本へのスケッチ旅行が転機となり、奄美への移住を決意する。

1958年、奄美大島に移住。大島紬の染色工として働いて資金を蓄えては絵を描くという生活を送った。

1977年9月11日、心不全で死去。享年69歳。

死後に独特の画風が注目され、奄美大島に「田中一村記念美術館」が作られている。

田中一村の代表的な作品

  • 「白梅」
  • 「牡丹図」
  • 「倣蕪米」
  • 「倣聾米」
  • 「倣木米」
  • 「倣鐡齋」
  • 「農村春景」
  • 「蕗の薹とメダカの図」
  • 「白い花」
  • 「花と軍鶏」
  • 「能登四十九種薬草図」
  • 「ザクロ図」
  • 「ニンドウにオナガ」
  • 「花と鳥」
  • 「ダチュラとアカショウビン」
  • 「奄美の杜」
  • 「アダンの海辺」
  • 「高倉のある春景」
  • 「花と蝶」
  • 「花と蛾」

出張買取

  • 出張依頼

    お気軽にご相談ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

  • 日時決定

    お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

  • ご訪問・査定

    ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

  • 買取・お支払い

    ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金でお支払いいたします。

美術品の時価評価が必要な皆さまへ

田中一村を含め、相続や企業の帳簿価格の見直し等で必要な美術品・骨董品の時価評価は、「美術品評価サービス」がございます。

美術品評価サービスについて

ご相談・お申込みはこちらまで

ご相談・お申込み

経験豊富なオペレーターがご対応します

0120-08-5108

8:30〜17:30(月〜土・祝日も営業)

査定料、訪問料、ご相談料などの追加費用は一切不要です。まずはお気軽にご相談ください。

選べる買取方法