買取作家

村上華岳

むらかみ かがく

村上華岳 の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では 村上華岳 の作品を高く評価し買取しております。
もし 村上華岳 の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

村上華岳

村上 華岳(むらかみ かがく、1888年(明治21年)7月3日 - 1939年(昭和14年)11月11日)は、大正から昭和期に活躍した日本画家である。
出身は、大阪(北区松ヶ枝町)。本名を武田震一(のち村上震一)。幼いころに家庭の事情により実父母のもとを離れた。その後は叔母が嫁いだ先の神戸にある村上家に預けられ、神戸にある小学校へ通った。1901年(明治34年)に震一が13歳の時、実父が死亡した。その後、実母は再婚して行方が分からなくなった。このことから、当時少年であった震一が武田家の家督を継ぐこととなった。3年後の1904年(明治37年)に武田家の廃家が許可されたため、震一は養父母の姓である「村上」を名乗ることとなった。これより村上震一となる。1903年(明治36年)から1907年(明治40年)まで京都市立美術工芸学校で学び、1909年(明治42年)には上級学校の京都市立絵画専門学校(現在は京都市立芸術大学)に入学。1911年(明治44年)に卒業した。また、卒業と同時に同専門学校研究科に進学し、1913年(大正2年)に修了した。
華岳こと村上震一は1908年(明治41年)から文展に出品を始めた。京都市立絵画専門学校にて行った卒業制作『早春』(後に『二月の頃』と改題)は京都の吉田山から銀閣寺方面を展望した田園風景を遠近法を用いることで俯瞰的に描写したものである。この作品は1911年(明治44年)の第5回文展において褒状を受けた。その後1916年(大正5年)に華岳にとって初の仏画となる『阿弥陀之図』が第10回文展特選となった。1918年(大正7年)には京都市立絵画専門学校の同窓にてあった華岳、小野竹喬、榊原紫峰、野長瀬晩花、土田麦僊の若手日本画家5人で国画創作協会を設立した。国画創作協会での活動は、文展の審査のあり方に疑問を持った画家たちが、東洋美術と西洋美術の融合による新たな絵画の創造を目指して旗揚げしたものであり、近代日本画革新運動の代表的なものとされ、美術史上に重んじられている。国画創作協会、第2回展にて出品した『日高河清姫図』は華岳の代表作の一つに数えられる。また、国画創作協会、第1回展に出品した、涅槃をテーマにした作品『聖者の死』は焼失した。1920年(大正9年)の同協会第3回展にて出品した『裸婦図』に描かれた女性は、単なる「裸婦」というより菩薩のように捉えることが出来る。生身の女性の官能美と菩薩の聖性といった、本来相反する要素であるにもかかわらず、画面では自然と同居している。
1921年(大正10年)に国画創作協会の他の仲間たちは渡欧したが、華岳は持病の喘息が悪化したため渡欧を見合わせた。1923年(大正12年)に京都から今の兵庫県芦屋市に転居した。さらに1927年(昭和2年)に神戸市花隈に転居している。その後の華岳は京都の画壇とは距離を置き、個性的な牡丹図や水墨にプラチナ泥(でい)、山水図、を併用した仏画などの制作に取り組んだ。華岳の作品で昭和期に入ってからのものは、小品が多い。また色彩もモノクロームに近いものが多く存在する。華岳の描く仏や菩薩については1920年(大正9年)の『裸婦図』の系譜を引いている。それは、妖艶さと聖性、世俗性と精神性、官能美と悟りの境地という相反した要素が不思議と調和している。1939年(昭和14年)に喘息のため51歳で死去した。

村上華岳 の代表的な作品

  • 「夜桜之図」
  • 「中国列仙伝 全十六幅」
  • 「日高河清姫図」
  • 「裸婦図」
  • 「観世音菩薩施無畏印像」
  • 「墨牡丹之図」
  • 「空山清高之図」
  • 「椿」

出張買取の流れ

Step1
出張依頼

お気軽にご相談・ご依頼ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

出張依頼

Step2
日時決定

お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

日時決定

Step3
ご訪問・査定

ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

ご訪問・査定

Step4
買取・お支払い

ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金で買取りいたします。

買取・お支払い

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み鑑定会

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)
pagetop
TEL:0120-085-108 LINEでのご相談・お申込みはこちら メールでのご相談・お申込みはこちら