買取作家

荒井寛方

あらい かんぽう

荒井寛方 の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では 荒井寛方 の作品を高く評価し買取しております。
もし 荒井寛方 の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

荒井 寛方(あらい かんぽう、明治11(1878)年8月15日 - 昭和20(1945)年4月16日)は、明治から昭和時代に活躍した日本画家である。


栃木県塩谷郡氏家町で紋所や提灯の上絵を描く家に生まれる。本名、寛十郎。父の藤吉は素雲と号し、瀧和亭に師事。南画を学んでいた父の影響もあり、幼い頃から絵に親しむ。


1899年に上京。水野年方に瀧和亭の勧めで入門。歴史画や風俗画を学ぶ。翌年、水野年方から寛方の号を与えられ、同門の四天王の一人と称された。また、1901年の第10回日本絵画協会共進会に風俗画である「温和」を出品。2等褒状を受け、その後も受賞を重ねる。文展でも活躍を見せ、1907年の第1回文展では入選。第2回文展に出品した「出陣」で3等賞に推される。その後も続けて入選を果たす。また、巽画会や紅児会にも参加。原三渓の庇護を受ける。


1915年には日本美術院第2回展に「乳糜供養」を出品。同人に推挙され、以後院展で活躍を見せる。翌年には詩人のラビンドラナート・タゴールに招かれ、渡印。ビチットラ美術学校の絵画教授を務め、アジャンター石窟群の壁画などを模写した。1918年に帰国。帰国後は仏教関連を題材にした作品を、院展を中心に作品を発表。「仏画の寛方」と呼ばれ、大正期院展の傾向であったインド的趣向の代表者であった。


その後中国やヨーロッパに渡り、各地を取材する。1940年には文部省より法隆寺金堂壁画の模写事業の主任画家に依嘱される。専心模写を続けたが、1945年に完成を見ないまま急逝した。



年表
1878(明治11)年 栃木県で生まれる
1899(明治32)年 上京 
          水野年方に入門
1902(明治35)年 国華社に入社
1907(明治40)年 第1回文展に「菩提樹下双幅」を出品 入選
1908(明治41)年 第2回文展に「出陣」を出品 3等賞
1909(明治42)年 第3回文展に「射戯」を出品 3等賞
1910(明治43)年 第4回文展に「車争ひ」を出品 褒状
1911(明治44)年 第5回文展に「竹林の聴法」を出品 褒状 
1914(大正3)年 日本美術院復興で同展に出品
1916(大正5)年 詩聖タゴールに招かれてインドに渡る
          アジャンターの壁画を模写
1918(大正7)年 帰国
1924(大正13)年 中国を訪問
1926(大正15)年 渡欧
1940(昭和15)年 法隆寺金堂壁画の模写に従事
1945(昭和20)年 逝去

荒井寛方 の代表的な作品

  • 「乳糜供養」
  • 「玄奘と太宗」
  • 「龍虎図」

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み買取

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)
pagetop