買取作家

下村観山 買取強化中 帝室技芸員

しもむら かんざん

下村観山 の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では 下村観山 の作品を高く評価し買取しております。
もし 下村観山 の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

下村観山

下村 観山(しもむら かんざん、1873年(明治6年)4月10日 - 1930年(昭和5年)5月10日)、日本画家。
和歌山県和歌山市の紀州徳川家に従えた能の幸流小鼓の家に生まれる。本名、晴三郎。

明治14年に一家をあげて上京し、翌年の9歳の頃に祖父の友人の藤島常興に絵の手ほどきを受けるようになる。藤島常興から狩野芳崖に託され、天才と噂された。その後、橋本雅邦に師事。

明治22年に東京美術学校に第一期生として横山大観らと共に入学。岡倉天心に認められ卒業と同時に助教授に任ぜられる。
「天心の頭脳が観山の手を動かした」といわれるほどの密接な指導を受け、日本美術院設立に参加した。また、明治40年第一回文展に審査員となり秀作「木の間の秋」を送った。天心没後の大正3年に大観と共に日本美術院を再興し、深い古典研究に基づく数々の名作を残した。大正6年帝室技芸員となり、8年に帝国美術院会員に推されたが辞退し、在野精神を貫いた。

下村観山 の代表的な作品

  • 「光明皇后」
  • 「修羅道」
  • 「鵜鴎図」
  • 「ダイオゼニス」
  • 「木の間の秋」
  • 「大原御幸」
  • 「鵜図屏風」
  • 「白狐」
  • 「弱法師」
  • 「春雨」
  • 「楠公」
  • 「景雲餘彩」

出張買取の流れ

Step1
出張依頼

お気軽にご相談・ご依頼ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

出張依頼

Step2
日時決定

お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

日時決定

Step3
ご訪問・査定

ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

ご訪問・査定

Step4
買取・お支払い

ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金で買取りいたします。

買取・お支払い

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み鑑定会

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)
pagetop
TEL:0120-085-108 LINEでのご相談・お申込みはこちら メールでのご相談・お申込みはこちら