買取作家

宮廻正明

みやさこ まさあき

宮廻正明 の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では 宮廻正明 の作品を高く評価し買取しております。
もし 宮廻正明 の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

宮廻 正明(みやさこ まさあき、1951年(昭和26年)- )は、日本の画家である。日本画家として日本のみならず、海外でも活躍する一方で、文化財の保護と次世代への継承のために、東京藝術大学大学院美術研究科の文化財保存学専攻教授として、デジタルとアナログの融合による特許技術を駆使し、貴重な文化財の復元を行ってきた。『クローン文化財』と呼ばれる作品は、新しいデジタル技術によって壁画の凹凸や質感までも再現しており、熟練のアナログ技術により使用されている絵具の成分までもが再現されている。
本展では、伊勢志摩サミットにてG7首脳にも披露された、アフガニスタンの消失した「バーミヤン東大仏天井壁画」のほかにも、1949年の火災で焼損してしまった奈良県法隆寺の「金堂壁画」などの、最新技術により甦った『クローン文化財』を展示している。
宮廻は作家活動として、1996年から現在(2017年)まで様々な個展を開いている。始めて開催された個展は、個展「大地とともに」であり、黒部峡谷セレネ美術館にて行われた。受賞歴としては、1991年に第46回春の院展にて外務大臣賞を受賞。1993年、第12回日本美術院奨学金、前田青邨賞を受賞。同年に再興第78回院展にて日本美術院賞を受賞。1994年、再興第79回院展にて日本美術院賞を受賞。1999年には再興第84回院展にて文部大臣賞を受賞。2002年、再興第87回院展にて内閣総理大臣賞を受賞。同年に日経日本画大賞に入賞した。2011年、情報文化学会賞にて芸術大賞を受賞。2017年に発明表彰を受賞した。
宮廻の作品は、東京国立近代美術館、東京国立西洋美術館、外務省在外公館、東京藝術大学、島根県立美術館、放送大学、足立美術館、今井美術館、山種美術館、メナード美術館、トヨタ博物館などにて所蔵されている。

宮廻正明 の代表的な作品

  • 「話木」

出張買取の流れ

Step1
出張依頼

お気軽にご相談・ご依頼ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

出張依頼

Step2
日時決定

お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

日時決定

Step3
ご訪問・査定

ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

ご訪問・査定

Step4
買取・お支払い

ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金で買取りいたします。

買取・お支払い

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み鑑定会

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)
pagetop
TEL:0120-085-108 LINEでのご相談・お申込みはこちら メールでのご相談・お申込みはこちら