宮廻正明みやさこ まさあき

    宮廻正明について

    宮廻正明の作品を高く評価しております。
    もし作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

    宮廻 正明(みやさこ まさあき、1951年(昭和26年)- )は、日本の画家である。


    日本画家として国内外でも活躍する一方で、文化財の保護と次世代への継承のために、デジタルとアナログの融合による特許技術を駆使し、貴重な文化財の復元を行っている。

    1951年 島根県松江市生まれ。

    1975年 東京藝術大学美術学部デザイン科に入学。大学院で文化財保存学を学ぶ。

    1981年、東京藝術大学大学院美術研究科保存修復技術研究室の非常勤助手になり、平山郁夫に師事。

    1983年 春の院展に「春の地」初入選。以降、継続して出品する。

    1984年 日本美術院院友に推挙される。

    1995年 東京藝術大学大学院美術研究科文化財保存学の助教授となる。

    1999年 再興第84回院展で文部大臣賞を受賞。

    1998年 法隆寺百済観音像天蓋制作を監修する。

    2000年 東京藝術大学大学院美術研究科文化財保存学の教授となる。

    2002年 再興第87回院展で内閣総理大臣賞を受賞。

    2010年 ロシア国立美術館「日本の美展」で個展。

    2011年 情報文化学会賞にて芸術大賞を受賞。

    2013年 ブダペスト歴史博物館で個展、リスボン東洋美術館で個展。

    2014年 ピッティー宮殿近代美術館で個展。

    宮廻正明の代表的な作品

    • 「話木」

    出張買取

    • 出張依頼

      お気軽にご相談ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

    • 日時決定

      お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

    • ご訪問・査定

      ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

    • 買取・お支払い

      ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金でお支払いいたします。

    美術品の時価評価が必要な皆さまへ

    宮廻正明を含め、相続や企業の帳簿価格の見直し等で必要な美術品・骨董品の時価評価は、「美術品評価サービス」がございます。

    美術品評価サービスについて

    ご相談・お申込みはこちらまで

    ご相談・お申込み

    経験豊富なオペレーターがご対応します

    0120-08-5108

    8:30〜17:30(月〜土・祝日も営業)

    査定料、訪問料、ご相談料などの追加費用は一切不要です。まずはお気軽にご相談ください。

    選べる買取方法