買取作家

竹内栖鳳 買取強化中 帝室技芸員

たけうち せいほう

竹内栖鳳 の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では 竹内栖鳳 の作品を高く評価し買取しております。
もし 竹内栖鳳 の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

竹内栖鳳

竹内 栖鳳(たけうち せいほう、1864年12月20日(元治元年11月22日)- 1942年(昭和17年)8月23日)は、日本の画家である。また、戦前の京都画壇を代表する大家と言われ、近代日本画の先駆者である。号を最初は棲鳳とし、霞中庵もある。
栖鳳の画風は基礎を四条派としているが、狩野派や西洋の写実画法なども積極的に取り入れていた。その結果、革新的な画風を示すこととなり日本画の革新運動に貢献した。
また、弟子の教育にも力を入れており、画塾「竹杖会」を開いた。西山翠嶂や上村松園をはじめとした、橋本関雪、西村五雲、池田遙邨、土田麦僊、小野竹喬など、名だたる俊英を多く輩出している。
栖鳳は京都御池通油小路の「亀政」という川魚料理屋の長男として生まれた。本名を恒吉という。明治10年に四条派である土田英林に絵を習い始める。しかし、明治14年の17歳の時には、同派の名手である幸野楳嶺の塾へ正式に入門した。この頃から才能が開花し、翌年には塾の工芸長となった。その時栖鳳は「楳嶺四天王」の筆頭と呼ばれるようになった。
明治20年、23歳の時に結婚をし、この時絵師として独立した。同年に現在の京都市立芸術大学を修了した。明治33年、36歳の時には、ヨーロッパへ7か月の間旅行をした。その際にターナー・コローなどから強い影響を受けた。

竹内栖鳳 の代表的な作品

  • 「大獅子図」
  • 「羅馬之図」
  • 「雨霽」
  • 「アレ夕立に」
  • 「絵になる最初」
  • 「群鵜」
  • 「班猫」
  • 「平家驚禽声逃亡」
  • 「秋興」
  • 「薫風稚雀・寒汀白鷺」

出張買取の流れ

Step1
出張依頼

お気軽にご相談・ご依頼ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

出張依頼

Step2
日時決定

お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

日時決定

Step3
ご訪問・査定

ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

ご訪問・査定

Step4
買取・お支払い

ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金で買取りいたします。

買取・お支払い

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み鑑定会

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)
pagetop
TEL:0120-085-108 LINEでのご相談・お申込みはこちら メールでのご相談・お申込みはこちら