榊原紫峰さかきばら しほう

    榊原紫峰について

    榊原紫峰の作品を高く評価しております。
    もし作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

    榊原 紫峰(さかきばら しほう、1887年8月8日 - 1971年1月7日)は、京都市出身の日本画家。本名は安造。

    榊原始更は実弟。

    1904年、京都市立美術工芸学校日本画科卒業。

    1911年、京都市立絵画専門学校(現:京都市立芸術大学)卒業。

    1918年、審査に抗議して文展を離脱し、入江波光・小野竹喬・土田麦僊・野長瀬晩花・村上華岳と共に国画創作協会(現・国画会)を結成する。同会解散後は、新樹社や春虹会の結成などに関わったが、美術団体には属さなかった。

    1937年、京都市立絵画専門学校教授に就任。

    1962年、 日本芸術院恩賜賞を受賞。

    1971年、京都で逝去。84歳。

    透明感のある色彩で、洋画風の表現を入れた花鳥画を得意とした。

    のち宋元画に傾倒。晩年は墨一色ですべての色を表現する墨彩花鳥画を手掛けた。

    榊原紫峰の代表的な作品

    • 「赤松」
    • 「奈良の森」
    • 「雪柳白鷺」
    • 「獅子」
    • 「冬朝」

    出張買取

    • 出張依頼

      お気軽にご相談ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

    • 日時決定

      お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

    • ご訪問・査定

      ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

    • 買取・お支払い

      ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金でお支払いいたします。

    美術品の時価評価が必要な皆さまへ

    榊原紫峰を含め、相続や企業の帳簿価格の見直し等で必要な美術品・骨董品の時価評価は、「美術品評価サービス」がございます。

    美術品評価サービスについて

    ご相談・お申込みはこちらまで

    ご相談・お申込み

    経験豊富なオペレーターがご対応します

    0120-08-5108

    8:30〜17:30(月〜土・祝日も営業)

    査定料、訪問料、ご相談料などの追加費用は一切不要です。まずはお気軽にご相談ください。

    選べる買取方法