買取作家

池田蕉園

いけだ しょうえん

池田蕉園 の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では 池田蕉園 の作品を高く評価し買取しております。
もし 池田蕉園 の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

池田蕉園

池田蕉園(いけだ しょうえん、1886(明治19)年5月13日-1917(大正6)年12月1日)は、明治から大正時代に活躍した女性の浮世絵師、日本画家。本名百合子。旧姓榊原。


東京神田雉子町に榊原浩逸の長女として生まれる。
1895(明治28)年に麹町区富士見町に転居。そのため、富士見小学校3年に編入する。この頃から草双紙の絵を石版に模写するなど、幼い頃から画才を発揮し始める。


1898(明治31)年、女子学院に入学。在学中の1901(明治34)年に学業と並行しながら、日本画家である水野年方が主宰する斎画塾に入門し、絵画を学ぶ。翌年、「桜狩」を発表。画壇デビューを果たし、才能を発揮した。
また、鏑木清方が主宰する烏合会にも参加。技術を磨き、第9回・第10回絵画共進会で「つみ草」と「夕暮れ」を出品。それぞれ入選する。


この頃、同じ斎画塾に入門していた池田輝方と婚約。しかし、その直後に別の女性と失踪。蕉園は悲しみから作品制作を遠ざける。その3年後、1906(明治39)年の美術研精会で復帰し、研精賞碑を受賞。橋本雅邦に認められる。また、1907(明治40)年東京勧業博覧会で2等賞、第1回文部省美術展覧会では3等賞を受賞する。


1908(明治41)年、師の水野年方が死去する。翌年から川合玉堂に師事し、鈴木華邨からも指導をうける。この時期に池田蕉園の作品の大半が制作される。完成度の高い力作も多く制作され、多数の賞を受賞している。


1911(明治44)年失踪していた池田輝方が戻り、輝方と結婚。夫婦で作品の制作をする。しかし1917(大正6)年に結核に倒れ、12月1日に死去。31歳という若さであった。




年表
1886(明治19)年 東京で生まれる
1895(明治28)年 麹町区富士見町に転居
         富士見小学校に編入
1898(明治31)年 女子学院 入学
1901(明治34)年 慶斎画塾に入門
1903(明治36)年 烏合会に参加
         第9回絵画共進会「つみ草」 入選
1904(明治37)年 第10回絵画共進会「夕暮れ」 入選
1906(明治39)年 美術研精会「わが鳩」 研精賞碑受賞
1907(明治40)年 東京勧業博覧会「花の蔭」 2等賞
         第1回文部省美術展覧会「もの詣で」 3等賞
1908(明治41)年 第2回文展「やよい」 3等賞
         「鏡花会」に参加
1909(明治42)年 川合玉堂、鈴木華邨に師事
         第3回巽画会展「帰途」 3等賞
         第3回文展「宴の暇」 3等賞
1910(明治43)年 第4回文展「秋のしらべ、冬のまどい」 3等賞
         日英博覧会に「紅葉狩」「貝覆」二曲一双屏風 出品
1911(明治44)年 輝方と結婚
1915(大正4)年 第9回文展「かえり路」 3等賞
1916(大正5)年 第10回文展「こぞのけふ」 特選
1917(大正6)年 死去

池田蕉園 の代表的な作品

  • 「秋園」
  • 「宴の暇」
  • 「夢の跡」
  • 「桜下美人図」
  • 「さつき」

出張買取の流れ

Step1
出張依頼

お気軽にご相談・ご依頼ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

出張依頼

Step2
日時決定

お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

日時決定

Step3
ご訪問・査定

ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

ご訪問・査定

Step4
買取・お支払い

ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金で買取りいたします。

買取・お支払い

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み鑑定会

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)
pagetop
TEL:0120-085-108 LINEでのご相談・お申込みはこちら メールでのご相談・お申込みはこちら