買取作家

高山辰雄

たかまつ たつお

高山辰雄 の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では 高山辰雄 の作品を高く評価し買取しております。
もし 高山辰雄 の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

高山 辰雄(たかやま たつお、1912年6月26日 - 2007年9月14日)は、日本画家。

1912年(明治45年)、大分市に生まれる。1931年(昭和6年)、東京美術学校(現・東京藝術大学)日本画科に入学、1936年(昭和11年)に卒業している。在学中から松岡映丘の画塾に入り、師事した。美校の卒業制作『砂丘』(1936年)は、砂の上に座るセーラー服姿の若い女性を俯瞰的に描いた洋画風の作品で、後の高山の作風を思わせるものはほとんどない。

高山は戦後まもない1946年(昭和21年)ころ、ゴーギャンの伝記を読んで感銘を受け、その後の作風にはゴーギャンの影響がみられるようになる。1946年、第2回日展に裸婦2人を描いた『浴室』を出品し、特選となる。1949年(昭和24年)には日展に『少女』を出品し、やはり特選となる。この頃から独自の幻想的な画風が定着する。

1960年(昭和35年)に『白翳』で日本芸術院賞、1964年(昭和39年)に『穹』で芸術選奨文部大臣賞、1970年(昭和45年)には日本芸術大賞を受賞。

1975年(昭和50年)から1977年(昭和52年)まで日展理事長を務め、任期満了後は日展常務理事、顧問となる。1972年(昭和47年)日本芸術院会員。1979年(昭和54年)、文化功労者として顕彰。1982年(昭和57年)、70歳の時には文化勲章を受章している。1983年(昭和58年)に大分市名誉市民に推挙され、1987年(昭和62年)に世田谷区名誉区民として顕彰される。1985年(昭和60年)には東京はじめ日本の5都市で「日月星辰-高山辰雄展1985」を開催。屏風絵の大作をはじめとする意欲作を出品し、健在ぶりを示した。

2007年(平成19年)9月14日午後4時19分、肺炎のため東京都世田谷区の自宅で死去。95歳没。

出典:Wikipedia

高山辰雄 の代表的な作品

  • 「砂丘」
  • 「浴室」
  • 「食べる」
  • 「日」
  • 「月」
  • 「赤い服の少女」
  • 「二人」
  • 「草原の朝」

出張買取の流れ

Step1
出張依頼

お気軽にご相談・ご依頼ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

出張依頼

Step2
日時決定

お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

日時決定

Step3
ご訪問・査定

ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

ご訪問・査定

Step4
買取・お支払い

ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金で買取りいたします。

買取・お支払い

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み鑑定会

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)
pagetop
TEL:0120-085-108 LINEでのご相談・お申込みはこちら メールでのご相談・お申込みはこちら