買取作家

富岡鉄斎 帝室技芸員

とみおか てっさい

富岡鉄斎 の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では 富岡鉄斎 の作品を高く評価し買取しております。
もし 富岡鉄斎 の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

富岡鉄斎

1837年、京都三条の法衣商・富岡維叙の次男として生まれる。

はじめ富岡家の家学である石門心学を、15歳頃から大国隆正に国学や勤王思想を、岩垣月洲らに漢学、陽明学、詩文などを学ぶ。

1855年、大田垣蓮月尼のもとで、蓮月焼と呼ばれる陶器作りの手伝いをする。蓮月が65歳、鉄斎が20歳のときのことで、鉄斎は蓮月に大いに感化される。

このころから本格的に絵画を勉強し始める。南北合派の窪田雪鷹、大角南耕に絵の手ほどきを受け、南画を小田海僊に、大和絵を浮田一蕙に学ぶ。

1861年には長崎に遊学し、長崎南画派の祖門鉄翁、木下逸雲・小曽根乾堂らの指導を受けた。
「わしの絵は盗み絵だ」と鉄斎は言ったが、特定の師につくこともなく、彼は貪欲にあらゆる絵画を参考にし、模写を繰り返し、全く独自に絵画技法を追求した。

1862年、画業で生計を立て始める。

鉄斎が描いたのは「詩書画三絶」の書画で、美術団体や美術学校には基本的に距離を置いていた。そもそも鉄斎は自分を画家とは考えておらず、そう評されることも好まなかった。

「万巻の書を読み万里の道を行く」文人生活を理想とし、画は文人の余技として、常に「わしの絵を見るならまず賛を読んでくれなされ」と言っていた。その脱俗・隠棲志向は、まさに中国の文人・教養主義を実践するものだった。

京都市美術学校で教えたのが修身だったのも、鉄斎の基底には、人間としての普遍的な徳を求める意識が最も重要なテーマとしてあったためと思われる。

南画・明清画・大和絵とあらゆる絵画を学びながら、いずれにもこだわらず、晩年に至るにつれて超俗の高みに達していったのは、それこそが鉄斎の求めた道だったからである。

1917年、帝室技芸員になる。

1919年、帝国美術院会員に任命される。

1924年、京都の自宅で死去。享年89歳。

富岡鉄斎 の代表的な作品

  • 「阿倍仲麻呂明州望月図」
  • 「円通大師呉門隠栖図」
  • 「二神会舞図」
  • 「旧蝦夷風俗図」
  • 「富士山図屏風」
  • 「妙義山・瀞八丁図屏風」
  • 「不尽山頂全図」
  • 「蓬莱仙境図」
  • 「弘法大師像図」
  • 「蘇東坡図」
  • 「河内千早城図」
  • 「武陵桃源図」
  • 「瀛洲遷境図」
  • 「阿倍仲麻呂在唐詠和歌図」

出張買取の流れ

Step1
出張依頼

お気軽にご相談・ご依頼ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

出張依頼

Step2
日時決定

お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

日時決定

Step3
ご訪問・査定

ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

ご訪問・査定

Step4
買取・お支払い

ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金で買取りいたします。

買取・お支払い

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み鑑定会

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)
pagetop
TEL:0120-085-108 LINEでのご相談・お申込みはこちら メールでのご相談・お申込みはこちら