歌川豊国うたがわ とよくに

  • 浮世絵

歌川豊国の買取

歌川豊国の作品を高く評価しております。
もし作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

歌川豊国 初代 歌川豊国(うたがわ とよくに、1769~1825年)は、江戸時代の浮世絵師。本名は倉橋 熊吉、後に熊右衛門。号は一陽斎。

江戸芝神明前三島町で木彫りの人形師・倉橋五郎兵衛の息子として生まれる。
歌川派の開祖歌川豊春に入門し、役者絵や美人画などで人気となった。
出世作は、歌舞伎役者を描いた「役者舞台之姿絵」の連作。寛政6年(1794年)の正月、和泉屋市兵衛から出版され、大人気となる。これは、清新な筆致で描き出される人気歌舞伎役者の姿を描いたもので、好評を博し、寛政8年(1796年)までの間に40点以上が制作された。

また、豊国は歌舞伎役者だけでなく、美人画でも独自の美を追求し、同時期に人気であった喜多川歌麿の描く艶やかな美人画とは違う、粋の美で歌川派様式の美人画を作り出した。

さらに、役者絵、美人画に加え、読本、合巻などの版本挿絵では北斎と人気を競った。複数の版元の依頼が重なり、今でいう缶詰め状態で締切に追われるほどであった。

幅広いジャンルで長く活躍した豊国の元には、才能ある若い絵師たちが集まり、幕末に浮世絵の最大派閥となる歌川派の礎となった。
主な門人としては、歌川国政、歌川国長、歌川国貞、歌川国安、歌川国丸、歌川国直、歌川国芳、歌川国虎、二代目豊国、歌川国種、歌川国綱が挙げられ、歌川広重も入門を希望したが、満員で断られたというエピソードがある。

歌川豊国の代表的な作品

  • 役者舞台之姿絵
  • 風流芸者身振姿絵
  • 役者此手嘉志和
  • 絵本役者三階興
  • 絵本時世粧

出張買取

  • 出張依頼

    お気軽にご相談ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

  • 日時決定

    お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

  • ご訪問・査定

    ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

  • 買取・お支払い

    ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金でお支払いいたします。

美術品の時価評価が必要な皆さまへ

歌川豊国を含め、相続や企業の帳簿価格の見直し等で必要な美術品・骨董品の時価評価は、「美術品評価サービス」がございます。

美術品評価サービスについて

ご相談・お申込みはこちらまで

ご相談・お申込み

経験豊富なオペレーターがご対応します

0120-08-5108

8:30〜17:30(月〜土・祝日も営業)

査定料、訪問料、ご相談料などの追加費用は一切不要です。まずはお気軽にご相談ください。

選べる買取方法