小川芋銭おがわ うせん

    小川芋銭について

    小川芋銭の作品を高く評価しております。
    もし作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

    小川芋銭

    小川芋銭(おがわうせん、1868年3月11日(慶応4年2月18日)- 1938(昭和13)年12月17日)は、画家。本名、小川茂吉。幼名、不動太郎。別号に牛里・草汁庵など。



    東京赤坂牛久藩邸の重臣小川賢勝の長男として生まれる。廃藩置県により茨城県牛久に移住。1879年に牛久小学校下等小学校第三級を卒業。卒業後は上京し、小間物屋に奉公した。初めは本多錦吉郎の彰技堂に入り、洋画を学ぶ。その後尾崎行雄の推挙を受け朝野新聞社に入社。



    1893年に父親に牛久に戻され、農業に従事。その一方で画業にも励み、農民を主題とした風刺的な漫画や挿絵を「平民新聞」や雑誌「文芸界」などを寄稿。また、1915年には平福百穂らと共に珊瑚会の設立に参加。1917年の珊瑚会展に「肉案」を出品。その作品が横山大観に認められ日本美術院同人となった。



    漫画や俳画など幅広く絵を描き、幻想とユーモアにあふれた独特な画風であった。中でも河童絵の名人として名が知られている。




    年表
    1868年 東京で生まれる。
    1871年 茨城県牛久に移住
    1879年 牛久小学校下等小学校第三級 卒業
        上京
    1880年 桜田小学校尋常科第三級後期 卒業 
    1881年 本多錦吉郎の彰技堂に入塾
    1887年 朝野新聞 入社
    1893年 帰京 農業に従事
    1900年 句会『水月会』入会
    1904年 『木星会』の結成に参加
    1908年 初の画集『草汁漫画』を刊行
    1911年 「ホトトギス」の表紙画・挿絵
    1915年 『珊瑚会』設立
    1917年 珊瑚会展に「肉案」を出品 
        日本美術院同人となる
    1923年 茨城美術展 顧問
    1935年 帝国美術院参与
    1938年 死去

    小川芋銭の代表的な作品

    • 「樹下石人談」
    • 「若葉に蒸さるる木精」
    • 「水魅戯」
    • 「夕凪」

    出張買取

    • 出張依頼

      お気軽にご相談ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

    • 日時決定

      お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

    • ご訪問・査定

      ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

    • 買取・お支払い

      ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金でお支払いいたします。

    美術品の時価評価が必要な皆さまへ

    小川芋銭を含め、相続や企業の帳簿価格の見直し等で必要な美術品・骨董品の時価評価は、「美術品評価サービス」がございます。

    美術品評価サービスについて

    ご相談・お申込みはこちらまで

    ご相談・お申込み

    経験豊富なオペレーターがご対応します

    0120-08-5108

    8:30〜17:30(月〜土・祝日も営業)

    査定料、訪問料、ご相談料などの追加費用は一切不要です。まずはお気軽にご相談ください。

    選べる買取方法