安田靫彦やすだ ゆきひこ

  • 買取強化中
  • 帝室技芸員

安田靫彦について

安田靫彦の作品を高く評価しております。
もし作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

安田靫彦

安田 靫彦(やすだ ゆきひこ、本名:安田 新三郎、1884年(明治17年)2月16日 - 1978年(昭和53年)4月29日)は、大正~昭和期の日本画家、能書家。東京出身。前田青邨と並ぶ歴史画の大家で、青邨とともに、焼損した法隆寺金堂壁画の模写にも携わった。

1897年、帝室博物館で法隆寺金堂壁画等の模写を見、日本絵画協会絵画共進会にて横山大観、菱田春草、小堀鞆音らの作品に感動し、画業を決意。

1898年、小堀鞆音に師事,同年、14歳で日本美術院展に出品。紫紅会を結成、今村紫紅らと研鑽を積み、新日本画運動を推進した。

「飛鳥の春の額田王」「黎明富士」「窓」はそれぞれ1981年、1986年、1996年に切手に用いられた。良寛の書の研究家としても知られ、良寛の生地新潟県出雲崎町に良寛堂を設計した。また自らも皇居新宮殿千草の間に書、『万葉の秀歌』を揮毫した。

東京美術学校に進むも中退。後岡倉天心に認められ、1907年に日本美術院に招かれた。院展の初回より作品を出品し、再興院展にても尽力。肺病に悩まされながらも晩年まで制作を続けた。1974年の『鞍馬寺参籠の牛若』が院展出品の最後になった。

1944年東京美術学校教授。1948年に文化勲章を受章。1958年財団法人となった日本美術院の初代理事となった。1959年宮中歌会始の召人(勅題「窓」を詠進)。

1965年東京芸術大学名誉教授。

東京国立博物館評議員会評議員、文化財審議会専門委員、国立近代美術館設立準備員も歴任。門下に小倉遊亀、森田曠平、益井三重子、岩橋英遠らがいる。

安田靫彦の代表的な作品

  • 「夢殿」
  • 「御産の祷」
  • 「五合庵の春」
  • 「月の兎」
  • 「黄瀬川陣」
  • 「王昭君」
  • 「窓」
  • 「黎明富士」
  • 「飛鳥の春の額田王」
  • 「卑弥呼」
  • 「草薙の剣」

出張買取

  • 出張依頼

    お気軽にご相談ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

  • 日時決定

    お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

  • ご訪問・査定

    ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

  • 買取・お支払い

    ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金でお支払いいたします。

美術品の時価評価が必要な皆さまへ

安田靫彦を含め、相続や企業の帳簿価格の見直し等で必要な美術品・骨董品の時価評価は、「美術品評価サービス」がございます。

美術品評価サービスについて

ご相談・お申込みはこちらまで

ご相談・お申込み

経験豊富なオペレーターがご対応します

0120-08-5108

8:30〜17:30(月〜土・祝日も営業)

査定料、訪問料、ご相談料などの追加費用は一切不要です。まずはお気軽にご相談ください。

選べる買取方法