買取作家

聴松宗守(愈好斎)

ちょうそう(ゆこうさい)

聴松宗守(愈好斎) の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では 聴松宗守(愈好斎) の作品を高く評価し買取しております。
もし 聴松宗守(愈好斎) の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

聴松宗守 愈好斎(ちょうそうそうしゅ ゆこうさい,1889~1953年)は武者小路千家12代千宗守。家元。

久田家十代宗悦の第二子で、一指斎の養子となる。九歳と幼いころに一指斎が他界したため、表千家に養われ茶道を学ぶ。東大国史科卒業後、一指斎の死後中絶していた武者小路千家を再興し、官休庵第九代となる。三十七歳で官休庵を改築、五十一歳の時には利休居士三五〇年忌に際して弘道庵を再興し、門流の編成を近代的に改め、優れた門弟を輩出した。また、茶道を励む傍ら、「茶道妙鏡」「茶道風与思記」など多数の著作や、「茶道」十六巻などの監修作品を遺し、その発展と研究に熱心に取り組んだ。

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み買取

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)
pagetop