買取作家

精中宗室(玄々斎)

せいちゅうそうしつ(げんげんさい)

精中宗室(玄々斎) の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では 精中宗室(玄々斎) の作品を高く評価し買取しております。
もし 精中宗室(玄々斎) の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

精中宗室(玄々斎)

精中宗室 玄々斎(せいちゅうそうしつ げんげんさい,1810~1877年)は裏千家11代千宗室。家元。
   
虚白斎玄室、玄々斎精中と改め、宗室となる。別号は不忘・寒雲など。

三河国奥殿領主松平縫殿頭乗友の子で十代認得斎宗室に男子がなかったため、幼少のころに養子に迎えられた。
68歳で没するまで、その事績は留まることを知らず、利休居士250年忌に際し旧来の今日庵・又隠・寒雲亭に加えて、表門・玄関のほか、咄々斎・大炉の間、精々軒などの茶席を増築した。また、立礼の茶式や茶箱の手前を考案、数々の著書を著わすなど、茶道会の近代化に力を注いだ。

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み買取

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)
pagetop
TEL:0120-085-108 LINEでのご相談・お申込みはこちら メールでのご相談・お申込みはこちら