一翁宗守(似休斎)いちおう(じきゅうさい)

  • 千宗守
  • 官休庵
  • 武者小路千家
  • 茶道具

一翁宗守(似休斎)について

一翁宗守(似休斎)の作品を高く評価しております。
もし作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

一翁宗守 似休斎(いちおうそうしゅ じきゅうさい,1593~1675年)は武者小路千家4代千宗守。家元。

千宗旦(元伯宗旦)の次男で、閑翁宗拙の弟、宗拙とともに宗旦の先妻の子である。表流の宗左、裏流の宗室の兄にあたる。別に官休庵・似休斎などと号した。当初、千家から塗師吉文字屋与三右衛門の養子となり吉岡甚右衛門を名のる。のちに家業を娘に継がせ、中村家に譲り、千家に復した。これが千家十職のひとつ中村宗哲である。一家を武者小路に住したので武者小路千家と称せられる。晩年には剃髪して宗次と称したが、大徳寺玉舟和尚によって宗守と改めることとなる。以後同家では代々宗守(官休庵)を名のることとなった。茶法は父宗旦に受けその奥義を極め、のち讃州高松藩主松平公の茶頭として出仕。官休庵には諸説あるが、茶頭の官を辞した詫人の庵に由来していると伝えられている。延宝三年、八十三歳没。花押は多種にわたり、異種のように見えるものもあるのが特徴的である。

出張買取

  • 出張依頼

    お気軽にご相談ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

  • 日時決定

    お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

  • ご訪問・査定

    ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

  • 買取・お支払い

    ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金でお支払いいたします。

美術品の時価評価が必要な皆さまへ

一翁宗守(似休斎)を含め、相続や企業の帳簿価格の見直し等で必要な美術品・骨董品の時価評価は、「美術品評価サービス」がございます。

美術品評価サービスについて

ご相談・お申込みはこちらまで

ご相談・お申込み

経験豊富なオペレーターがご対応します

0120-08-5108

8:30〜17:30(月〜土・祝日も営業)

査定料、訪問料、ご相談料などの追加費用は一切不要です。まずはお気軽にご相談ください。

選べる買取方法