前田南斎まえだ なんさい

    前田南斎の買取

    前田南斎の作品を高く評価しております。
    もし作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

    前田 南斎(まえだ なんさい、1880年(明治13年)- 1956年(昭和31年))は、日本の桑指物師である。出身は静岡県賀茂郡東伊豆町稲取。本名は前田兼吉。下田にて修行を終え、21歳の時に上京した。
    江戸指物の伝統を受け継いだ南斎は、大正期に国内外の展覧会で受賞を重ねる。また、日本美術協会の理事として審査委員も務めた。日興証券の創立者の遠山元一氏の母の邸宅(現遠山記念館)の家具をすべて誂えた事でも有名であり、江戸指物を語る上で欠かせる事の出来ない名工である。前田南斎は「桑の名人」などと賞讃される。多彩な木工材料を使い、特に桑細工に関しては比類なき才能を発揮した。

    前田南斎の代表的な作品

    • 「すきの臺笥(京間)」

    出張買取

    • 出張依頼

      お気軽にご相談ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

    • 日時決定

      お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

    • ご訪問・査定

      ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

    • 買取・お支払い

      ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金でお支払いいたします。

    美術品の時価評価が必要な皆さまへ

    前田南斎を含め、相続や企業の帳簿価格の見直し等で必要な美術品・骨董品の時価評価は、「美術品評価サービス」がございます。

    美術品評価サービスについて

    ご相談・お申込みはこちらまで

    ご相談・お申込み

    経験豊富なオペレーターがご対応します

    0120-08-5108

    8:30〜17:30(月〜土・祝日も営業)

    査定料、訪問料、ご相談料などの追加費用は一切不要です。まずはお気軽にご相談ください。

    選べる買取方法