江里佐代子えり さよこ

  • 人間国宝
  • 截金師

江里佐代子の買取

江里佐代子の作品を高く評価しております。
もし作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

江里 佐代子(えり さよこ 1945年7月19日 - 2007年10月3日)は、諸工芸の截金の分野で3人目の人間国宝に認定された日本の截金師。芸術一家で、夫は仏師の江里康慧、長女は截金師の左座朋子、長男は芸術家の江里尚樹である。

京都市で代々続く京繍の老舗に生まれ、学生時代には日本画と染色を学び、仏師の江里康慧と結婚して以降、截金の技術を学び始め、截金師北村起祥に師事しその技法を習得する。

截金は、切金(きりかね)とも書き、細金(ほそがね)と呼ばれた時代もあった。6世紀に仏教とともに大陸からつたえられた截金は、純金箔やプラチナ箔を数枚焼き合わせ、厚みをもたせたものを鹿皮の盤の上で竹刀にて切り、筆と接着剤で貼りつけながら種々なる文様を表現する技法である。線状、丸形・三角形・四角形などに切った「截箔(切箔)」、箔を截り透かし彫りにした「裁文」等を組み合わせる。さらに唐草文・つなぎ文・七宝文などの曲線文様なども加わり、日本では十三世紀頃の仏教美術の発達とともにその技術は頂点を極める。

江里は仏像の荘厳技法であった截金を飾筥・棗・香盒・結界などのほか、現代工芸の創作にも取り組み、茶道具から屏風や壁面装飾など、截金技法を用いた独創的な作品を多彩に生み出す。伝統技法を多くの人々に知ってもらおうと、身近な工芸作品に截金を施す活動を行い、国内外で高く評価される。平成14年、57歳の若さで重要無形文化財「截金」保持者に認定された。

出張買取

  • 出張依頼

    お気軽にご相談ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

  • 日時決定

    お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

  • ご訪問・査定

    ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

  • 買取・お支払い

    ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金でお支払いいたします。

美術品の時価評価が必要な皆さまへ

江里佐代子を含め、相続や企業の帳簿価格の見直し等で必要な美術品・骨董品の時価評価は、「美術品評価サービス」がございます。

美術品評価サービスについて

ご相談・お申込みはこちらまで

ご相談・お申込み

経験豊富なオペレーターがご対応します

0120-08-5108

8:30〜17:30(月〜土・祝日も営業)

査定料、訪問料、ご相談料などの追加費用は一切不要です。まずはお気軽にご相談ください。

選べる買取方法