藤四郎吉光とうしろう よしみつ

  • 刀工

藤四郎吉光について

藤四郎吉光の作品を高く評価しております。
もし作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

藤四郎吉光(とうしろう よしみつ)は、鎌倉時代中期の刀工。山城粟田口派、粟田口吉光。通称藤四郎。粟田口六兄弟の次男久国の曾孫にあたると伝えられる。

京都の粟田口には古くから刀の名工がおり、吉光は通称を粟田口藤四郎という。正宗と並ぶ名工とされ、特に短刀作りの名手として知られる。古来より銘が流暢であり、ほとんどの作には「吉光」二字銘を切られるが、年期銘のある作がなく、親兄弟の作から鎌倉中期の刀工と見られている。豊臣秀吉により、正宗・郷義弘と共に「天下の三名工」と称され、大名たちに珍重された。江戸中期本阿弥光悦が纏めたとされる『享保名物帳』上巻には名物三作として115口、そのうち吉光は34口が掲載されている。

織田信長、豊臣秀吉など当時の権力者に蒐集されたことから、本能寺の変、大坂夏の陣で焼け身になったものが多い。徳川家康は大坂夏の陣に際し、焼け身・紛失した吉光や正宗を始めとする業物の刀を探させた。これらの焼身は初代越前康継の手によって焼き直され、その姿を今に残すものも多い。吉光の焼き直しの代表格としては、太刀を磨り上げた名物一期一振藤四郎(いちごひとふりとうしろう、刀)、小薙刀を磨り上げた名物鯰尾藤四郎(なまずおとうしろう、脇差)がある。また、大坂夏の陣に際し、堀中から無傷で回収した薙刀直しの名物骨喰藤四郎(ほねばみとうしろう、脇差)も明暦の大火で焼け、後代の康継によって焼き直された。

現存作の多くは短刀であり、身幅、体配とも尋常なものが多い。名物後藤藤四郎(短刀)、名物平野藤四郎(短刀)のようにやや大振りのものもあれば、名物厚藤四郎(あつしとうしろう)は「鎧通し」と呼ばれる特に重ねの厚い作品で、元重ねは1cmを超える。無銘の名物、無銘藤四郎(むめいとうしろう、短刀)も元重ね厚く7mm強ある。

藤四郎吉光の代表的な作品

  • 五虎退
  • 厚藤四郎
  • 後藤藤四郎
  • 信濃藤四郎
  • 前田藤四郎
  • 秋田藤四郎
  • 博多藤四郎
  • 岩切長束藤四郎
  • 骨喰藤四郎

出張買取

  • 出張依頼

    お気軽にご相談ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

  • 日時決定

    お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

  • ご訪問・査定

    ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

  • 買取・お支払い

    ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金でお支払いいたします。

美術品の時価評価が必要な皆さまへ

藤四郎吉光を含め、相続や企業の帳簿価格の見直し等で必要な美術品・骨董品の時価評価は、「美術品評価サービス」がございます。

美術品評価サービスについて

ご相談・お申込みはこちらまで

ご相談・お申込み

経験豊富なオペレーターがご対応します

0120-08-5108

8:30〜17:30(月〜土・祝日も営業)

査定料、訪問料、ご相談料などの追加費用は一切不要です。まずはお気軽にご相談ください。

選べる買取方法