買取作家

小川破笠

おがわ はりつ

小川破笠 の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では 小川破笠 の作品を高く評価し買取しております。
もし 小川破笠 の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

小川破笠(おがわはりつ、1663(寛文3)年-1747年7月10日(延享4年6月3日))は、江戸時代に活躍した俳人・漆芸家。また、肉筆浮世絵を描いたことでも有名。
生まれは伊勢国または江戸という説がある。本名、小川尚行。別名は金弥。後に平助となる。俳号は宗羽。号は笠翁、夢中庵、小川観など。
破笠細工の創始者で、蒔絵と象嵌を陶器や牙角、貝などに繊細に用いた作風である。作品は、群馬県立近代美術館や石川県七尾美術館などに所蔵され、現在でも見ることができる。



俳諧師として有名であり、当初は福田露言に俳諧を学ぶ。後に松尾芭蕉に師事する。画の流派は不明。1730(享保15)年には、二代目市川團十郎や一蝶の弟子の英一蜂と共同で「父の恩」を刊行。青年期は芭蕉庵に出入りし、芭蕉周辺に出入りする人々と親しくしていた。



1683(天和3)年には、其角が堀江町に転居する時に嵐雪と共について行き同居。其角らと共に蕉門の初期代表句集「虚栗」を編纂した。一方で其角にならい諸国をめぐり、俳画も残す。その後1694年に師匠である芭蕉が死去。以後10年ほど小川破笠の足取りは途絶える。晩年にかけては、大和絵の琳派や土佐派の画風を学ぶ。



また、1741(寛保元)年には芭蕉の肖像画を描く。この肖像画は現在でも史料的にも貴重なものとして知られている。1747(延享4)年に死去。享年85歳。



漆芸家は、職人として無名のまま生涯を終えることが多いなか、多数の銘を目立つところに書き込み、近世の漆芸界に強烈な作家意識を持ちこんだ人物である。

小川破笠 の代表的な作品

  • 「おかめ図」
  • 「美人図」
  • 「夢中庵破笠」

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み買取

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)
pagetop