白山松哉しらやま しょうさい

  • 買取強化中
  • 帝室技芸員

白山松哉について

白山松哉の作品を高く評価しております。
もし作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

白山松哉(しらやま しょうさい(1853年~1923年))明治大正期の漆工。江戸生まれ。本姓は細野、名は福松。蒔絵を小林好山、堆朱・堆黒・螺鈿を蒲生盛和に学び、青年時代は起立工商会社に勤務した。
蒔絵・塗・螺鈿ともに長じたが、なかでも伝統的な技巧に優れ、精巧繊細な研出蒔絵は他の模倣追随を許さず、近代漆工界の第一人者であった。明治14(1881)年第2回内国勧業博・褒状、25年東京美術学校(東京芸大)教授、33年パリ万国博・名誉賞、39年帝室技芸員、第5・6回農展・審査員となる。東京小石川の蓮華寺に葬られる。

白山松哉の代表的な作品

  • 「梅蒔絵硯箱」
  • 蝶牡丹蒔絵沈箱
  • 棗「稲」
  • 棗「羽」
  • 「菊蒔絵手板」

出張買取

  • 出張依頼

    お気軽にご相談ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

  • 日時決定

    お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

  • ご訪問・査定

    ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

  • 買取・お支払い

    ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金でお支払いいたします。

美術品の時価評価が必要な皆さまへ

白山松哉を含め、相続や企業の帳簿価格の見直し等で必要な美術品・骨董品の時価評価は、「美術品評価サービス」がございます。

美術品評価サービスについて

ご相談・お申込みはこちらまで

ご相談・お申込み

経験豊富なオペレーターがご対応します

0120-08-5108

8:30〜17:30(月〜土・祝日も営業)

査定料、訪問料、ご相談料などの追加費用は一切不要です。まずはお気軽にご相談ください。

選べる買取方法