買取作家

赤地友哉

あかじ ゆうさい

赤地友哉 の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では 赤地友哉 の作品を高く評価し買取しております。
もし 赤地友哉 の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

赤地 友哉(あかじ ゆうさい、1906(明治39)年1月24日-1984(昭和59)年6月30日)は、大正から昭和時代に活躍した日本の漆芸家である。石川県金沢市に桧物師赤地多三郎の三男として生まれる。本名は外次。


1922年、金沢市の塗師である新保幸次郎に師事。上京後は塗師の渡辺喜三郎に師事。また、小堀宗明に茶道を学ぶ。1930年には独立。京橋や日本橋で茶器等の制作を行う。その傍ら、蒔絵師の植松包美のもとで徳川本源氏物語絵巻を収める箪司の髹漆に従事。東京漆芸会にも入会し、同展への出品をおこなっていた。


戦後の1946年からは大平通商株式会社に勤務。三井漆の研究を行う。その後1953年に再び制作に専念。日本伝統工芸展を中心に活躍し、同展で奨励賞や日本工芸会総裁賞を受賞。1966年の第13回日本伝統工芸展に出品した「曲輪造平棗」では翌年に芸術選奨文部大臣賞を受賞する。


その後も活躍をみせ、1974年に重要無形文化財「髹漆」の保持者に認定された。また、日本文化財漆活会副会長もつとめた。
作風は木工の曲物技法を応用。堅牢な曲輪に多彩なフォルムを作り出す。それと共に、素地に塗立による上塗りを施す独自の手法を編み出した。


多数の賞を受賞し、名をはせた赤地は1984年に心筋梗塞のため、横浜市の自宅で死去した。



年表
1906(明治39)年 石川県で生まれる
1922(大正11)年 塗師・新保幸次朗に師事
1927(昭和2)年 独立
1959(昭和34)年 第6回日本伝統工芸展に「朱輪花盆」を出品 奨励賞受賞
1960(昭和35)年 第7回日本伝統工芸展に「曲輪造彩漆盛器」を出品 奨励賞受賞
1961(昭和36)年 第8回日本伝統工芸展に「曲輪造彩漆鉢」を出品 日本工芸会総裁賞受賞
1967(昭和42)年 芸術選奨文部大臣賞 受賞
1972(昭和47)年 紫綬褒章受章
1974(昭和49)年 重要無形文化財「髹漆」保持者に認定
1978(昭和53)年 勲四等旭日章受章
1980(昭和55)年 日本文化財漆協会会長 就任
1984(昭和59)年 死去

赤地友哉 の代表的な作品

  • 「曲輪造平棗」
  • 「曲輪造黒漆黄彩喰籠」
  • 「黒漆黄彩盛器」

出張買取の流れ

Step1
出張依頼

お気軽にご相談・ご依頼ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

出張依頼

Step2
日時決定

お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

日時決定

Step3
ご訪問・査定

ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額を提示いたします。

ご訪問・査定

Step4
買取・お支払い

査定額をご提示し、金額にご納得いただければ、その場で現金で買取いたします。

買取・お支払い

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み買取

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)
pagetop
TEL:0120-085-108 LINEでのご相談・お申込みはこちら メールでのご相談・お申込みはこちら