買取作家

伊勢崎淳

いせざき じゅん

伊勢崎淳 の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では 伊勢崎淳 の作品を高く評価し買取しております。
もし 伊勢崎淳 の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

伊勢崎 淳(いせさき じゅん、1936(昭和11)年2月20日-)は、昭和時代から平成時代に活躍する日本の陶芸家である。
岡山県備前市伊部に伊勢崎陽山の次男として生まれる。本名は惇。兄に陶芸家の伊勢﨑満がいる。


1959年に岡山大学教育学部特設美術科を卒業すると、岡山県指定重要無形文化財保持者である父に師事。作陶生活に入る。1960年には兄の伊勢崎満と共に中世の半地下式窖窯を姑耶山古窯跡に復元。穴窯焼成の作品展を開催するなど活躍を見せ、1966年に日本工芸会正会員となる。


制作活動を行う傍ら、1978年に岡山大学特設美術科講師に就任。後進の指導を務める。1981年には金重陶陽賞を受賞。その後も岡山県文化奨励賞や山陽新聞文化功労賞、三木記念賞など名誉ある賞を受賞。


1998年には日本工芸会理事・中国支部幹事長に就任。伝統的な茶陶から斬新な造形・陶壁と幅広く作品を制作。2004年に重要無形文化財「備前焼」保持者に認定され、活躍を見せる。また海外で個展を開催するなど、国内だけでなく海外でも活躍する。



年表
1936(昭和11)年 岡山県で生まれる
1959(昭和34)年 岡山大学教育学部特設美術科を卒業
1960(昭和35)年 兄と共に中世の半地上式穴窯を復元
1966(昭和41)年 日本工芸会正会員
1974(昭和49)年 備前市役所 陶壁制作
1978(昭和53)年 岡山大学教育学部美術科講師 就任
1981(昭和56)年 金重陶陽賞受賞
1987(昭和62)年 田部美術館「茶の湯の造形展」で優秀賞 受賞
1993(平成5)年 岡山県文化奨励賞 受賞
1996(平成8)年 山陽新聞文化功労賞 受賞
1997(平成9)年 フランス国立陶磁器美術館「備前焼千年の伝統美展」出品
1998(平成10)年 日本工芸会理事、日本工芸会中国支部幹事長に就任
          岡山県重要無形文化財「備前焼」の保持者
2002(平成14)年 新首相官邸に陶壁制作
2003(平成15)年 岡山大学創立50周年記念 陶壁制作
2004(平成16)年 重要無形文化財「備前焼」保持者に認定
          三木記念賞受賞
2005(平成17)年 岡山県文化賞受賞
2006(平成18)年 アメリカボストンにて「一門展」開催
2007(平成19)年 イギリス大英博物館「わざの美 伝統工芸の50年展」出品

伊勢崎淳 の代表的な作品

  • 「備前黒角花生」
  • 「黒角器」

伊勢崎淳 の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では 伊勢崎淳 の作品を高く評価し買取しております。
もし 伊勢崎淳 の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み買取

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)
pagetop