買取作家

宮之原謙

みやのはら けん

宮之原謙 の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では 宮之原謙 の作品を高く評価し買取しております。
もし 宮之原謙 の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

宮之原 謙(みやのはら けん、1898(明治31)年2月9日-1977(昭和52)年8月23日)は、昭和時代に活躍した日本の陶芸家である。鹿児島県鹿児島市出身。


東京麹町小学校、麻布中学を経て建築家を志し早稲田大学理工学部建築科に入学。同校卒業直前に病のため中退。1924年に川端学校へ通い、山之内高門に師事。日本画を学ぶ。また、父から病気の回復もかねて、陶芸を進められ、宮川香山に師事。陶芸に進み、自宅に築窯。また、板谷波山にも師事する。


その後1926年に神奈川県戸塚に移り、制作活動を続ける。翌年には板谷波山や宮川香山らの「東陶会」創立に参加。帝展では1929年に出品した「鉄砂釉竹又陶製花器」で初入選を果たし、同年には岡倉由三郎にインド哲学を学ぶ。その後は帝展に出品を続け、多数の賞を受賞。1933年には帝展無鑑査となる。同年、佐々木象堂とともに「新潟陶苑」を創設。越路焼の指導を10年間行った。


1937年第1回文展や戦後の日展の審査員を務めた。その後も活躍を見せ、1958年に日展評議員、1969年には日展理事に就任。1973年に日展参与となり活躍した。また、1950年に早稲田大学附属工芸研究所で陶芸を指導。東京教育大学窯業科でも講師を委嘱された。一方で中近東諸国や欧米諸国を旅行。陶芸研究を続けた。

その後1977年に心不全のため死去した。



年表
1898(明治31)年 鹿児島県で生まれる
1916(大正5)年 早稲田大学理工学部建築科 入学
1924(大正13)年 川端画学校で洋画を学ぶ
          宮川香山に師事
1927(昭和2)年 東陶会に参加
1928(昭和3)年 第15回商工省工芸展に初出品
1929(昭和4)年 第10回帝展に「鉄砂釉竹又陶製花器」を出品 初入選
          岡倉由三郎にインド哲学を学ぶ
1931(昭和6)年 第12回帝展に「銀河」を出品 特選
1932(昭和7)年 第13回帝展に「十字文花瓶」を出品 特選
1933(昭和8)年 帝展無鑑査
1940(昭和15)年 宮川香山が死去し、板谷波山に師事
1945(昭和20)年 筑波に疎開
1949(昭和24)年 松戸市上本郷に転居
          自宅の庭に築窯
1950(昭和25)年 日展参事
1955(昭和30)年 光風会会員
1957(昭和32)年 日本芸術院賞 受賞
1958(昭和33)年 日展評議員
1963(昭和38)年 東陶会会長
1969(昭和44)年 日展理事
1973(昭和48)年 日展参与
1977(昭和52)年 逝去

宮之原謙 の代表的な作品

  • 「鉄砂釉竹又陶製花器」
  • 「泰山木大皿」
  • 「十字文花瓶」

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み買取

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)
pagetop
TEL:0120-085-108 LINEでのご相談・お申込みはこちら メールでのご相談・お申込みはこちら