尾形乾山おがた けんざん

    尾形乾山について

    尾形乾山の作品を高く評価しております。
    もし作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

    尾形乾山(おがたけんざん、1663(寛文3)年-1743(寛保3)年7月22日)は、絵師、陶工。名は惟充。号は多くあるが窯名として名乗っていた乾山で知られている。兄は、尾形光琳。
    京都第一流の呉服商雁金屋の3男として生まれる。幼名権平。



    1687年、父の遺言により3つの屋敷と諸道具を、兄と折半で譲り受ける。兄は遺産で遊び歩いたが、乾山は質素な生活を送った。1689年、仁和寺の南に習静堂を構え、学問や参禅に励んだ。また、仁和寺門前には野々村仁清が住んでおり、師事。本格的に陶芸を学んだ。



    昔から尾形兄弟に目をかけていた二条綱平が京の北西、鳴滝泉谷の山荘を与えた為、この場に窯を開く。その場所が都の北西の方角あたることから乾山と号し、出来上がった作品に記した。1712年、50歳のとき、京都市内の二条丁子屋町に移住した。作風は、自由で思いのままに絵付けしており乾山が作った器に光琳が絵を描いた兄弟合作の作品も多い。



    1731年、輪王寺宮公寛法親王の厚遇を受け、江戸入谷に移り住んだ。1737年9月から初冬にかけて下野国佐野で陶芸の指導を行う。その後江戸に戻り、1743年に死去。享年81歳。

    尾形乾山の代表的な作品

    • 「金銀藍絵松樹文蓋物」
    • 「銹藍金絵絵替皿」

    出張買取

    • 出張依頼

      お気軽にご相談ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

    • 日時決定

      お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

    • ご訪問・査定

      ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

    • 買取・お支払い

      ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金でお支払いいたします。

    美術品の時価評価が必要な皆さまへ

    尾形乾山を含め、相続や企業の帳簿価格の見直し等で必要な美術品・骨董品の時価評価は、「美術品評価サービス」がございます。

    美術品評価サービスについて

    ご相談・お申込みはこちらまで

    ご相談・お申込み

    経験豊富なオペレーターがご対応します

    0120-08-5108

    8:30〜17:30(月〜土・祝日も営業)

    査定料、訪問料、ご相談料などの追加費用は一切不要です。まずはお気軽にご相談ください。

    選べる買取方法