三浦小平二みうら こへいじ

    三浦小平二について

    三浦小平二の作品を高く評価しております。
    もし作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

    三浦 小平二(みうら こへいじ、1933年(昭和8年)3月21日 - 2006年(平成18年)10月3日)は日本の陶芸家である。また、1997年に人間国宝に認定された。
    出身は、新潟県佐渡郡相川町(現在の佐渡市)。生家は佐渡無名異焼の窯元であり、三代常山の孫、三浦小平の長男である。1955年に東京芸術大学美術学部彫刻学科を卒業し、その後加藤土師萌の元で青磁の伝統技法を学ぶ。
    1969年に中近東や東アフリカ、1978年には中国・モンゴルなどアジア各国を訪れ、各国の磁器の研究や自らの作品への投影に励んだ。特に古代中国の皇室御用達であった国営陶磁器製作所が生み出す南宋官窯に強い影響を受け、目標として研究を重ねた。その結果、佐渡の朱色の土を下地とした器に青磁釉をかけるという独特な技法を開発した。更に色絵を組み合わせ、人物や風物を描くという独自の作風も確立した。器本来の形にも感性が反映されており、その現代的な感覚は陶芸の世界の新たな展開を示すとして注目された。また、パリやニューヨークで個展を開催するなどして、国際的な評価も高い。
    1961年に新日展に初入選し、翌年1962年の現代日本陶芸展での朝日新聞社賞をはじめ、数々の賞を獲得した。1973年に父が他界した後、小平窯を継承。1976年には日本伝統工芸展に「青磁大鉢」を出品し文部大臣賞を受賞、文化庁買上作品に選出される。1985年には浩宮徳仁親王(現在の皇太子)より「青磁花瓶」がイギリス女王のエリザベス2世に留学記念として贈られている。
    東京芸術大学工芸科陶芸講座の助教授を務め、1990年同大学教授となる。2000年には名誉教授に就任。社団法人日本工芸会理事等を歴任し、次世代への指導教育に貢献した。1992年には相川町に「三浦小平二 小さな美術館」を設立。1997年6月6日には重要無形文化財「青磁」保持者に認定された。1996年に紫綬褒章を受章した。2006年10月3日東京都国立市の自宅にて死亡した。当時は73歳であった。

    三浦小平二の代表的な作品

    • 「青磁飾り壺(つぼ)」、「青磁大鉢」

    出張買取

    • 出張依頼

      お気軽にご相談ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

    • 日時決定

      お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

    • ご訪問・査定

      ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

    • 買取・お支払い

      ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金でお支払いいたします。

    美術品の時価評価が必要な皆さまへ

    三浦小平二を含め、相続や企業の帳簿価格の見直し等で必要な美術品・骨董品の時価評価は、「美術品評価サービス」がございます。

    美術品評価サービスについて

    ご相談・お申込みはこちらまで

    ご相談・お申込み

    経験豊富なオペレーターがご対応します

    0120-08-5108

    8:30〜17:30(月〜土・祝日も営業)

    査定料、訪問料、ご相談料などの追加費用は一切不要です。まずはお気軽にご相談ください。

    選べる買取方法