買取作家

岡部嶺男

おかべ みねお

岡部嶺男 の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では 岡部嶺男 の作品を高く評価し買取しております。
もし 岡部嶺男 の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

岡部 嶺男(おかべ みねお、1919(大正8)年10月3日-1990(平成2)年9月4日)は、日本の陶芸家。
愛知県瀬戸市の窯神山の山頂で加藤唐九郎の長男として生まれる。1937年に愛知県立瀬戸窯業学校を卒業。卒業後は1年間父のもとで製陶業に従事。翌年に上京。東京物理学校へ入学する。在学中も頻回に帰省し、織部・志野・灰釉などの制作を行い、その後中退する。



戦時中のため、1940年に応召。1947年に復員し独立。製陶を始め、多数の賞を受賞する。また、日本工芸会会員となり、個展の開催も行う。



しかし、1960年に古陶器「永仁の壷」の贋作騒動に深く関わったとして、父である加藤唐九郎は陶芸界から追放される。この事件をきっかけに嶺男は、加藤姓から妻の岡部姓に改姓して陶芸家の活動を行い。



その後も活動を続け、1963年頃から無所属ろなり、平戸橋の窯で青瓷を追求した。1970年には移窯し、米色青瓷を完成。釉薬と器胎を調和した斬新かつ現代的な作品を多数生み出した。




年表
1919年 瀬戸市窯神山に生まれる
1937年 愛知県立瀬戸窯業学校 卒業
1938年 上京
    東京物理学校 入学
1940年 東京物理学校 中退
    内蒙古部隊に入隊
1947年 復員 独立
1954年 日展北斗賞 受賞
1955年 第一回陶磁協会賞 受章
1957年 日本工芸会会員
1960年 永仁の壺事件
1963年 愛知県愛知郡日進町に新居を構える
1965年 紺綬褒章 受章
1968年 日進町の住居にアトリエが完成
1981年 東京・日本橋高島屋、名古屋・松坂屋にて「岡部嶺男展」を開催
1990年 肺がんによる呼吸不全のため70歳で死去

岡部嶺男 の代表的な作品

  • 「米色瓷碗」
  • 「黄瀬戸盃」

出張買取の流れ

Step1
出張依頼

お気軽にご相談・ご依頼ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

出張依頼

Step2
日時決定

お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

日時決定

Step3
ご訪問・査定

ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

ご訪問・査定

Step4
買取・お支払い

ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金で買取りいたします。

買取・お支払い

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み鑑定会

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)
pagetop
TEL:0120-085-108 LINEでのご相談・お申込みはこちら メールでのご相談・お申込みはこちら