買取作家

濱田庄司

はまだ しょうじ

濱田庄司 の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では 濱田庄司 の作品を高く評価し買取しております。
もし 濱田庄司 の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

濱田 庄司(はまだ しょうじ1894年(明治27年)12月9日-1978年(昭和53年)1月5日)は、主に昭和に活動した日本の陶芸家。神奈川県橘樹郡高津村(現在の川崎市)溝ノ口で生まれる。

東京府立一中(現東京都立日比谷高等学校)を経て、1913年(大正2年)、東京高等工業学校(現東京工業大学)窯業科に入学する。板谷波山に師事し、窯業の基礎科学面を学び、1916年(大正5年)同校を卒業後は、2年先輩の河井寛次郎主と釉薬の研究をする。京都市立陶芸試験場にて行われた。

またこの頃から、柳宗悦、富本憲吉、バーナード・リーチに認められもてなしを受ける。1920年(大正9年)、帰国するリーチと共にイギリスへ渡った。共同してコーンウォール州セント・アイヴスに築窯する。

1923年(大正12年)、ロンドンで個展を開催、成功を収める。1924年(大正13年)帰国、しばらくは沖縄・壺屋窯などで学び、1930年(昭和5年)からは、長らく興味を持っていた益子焼の産地、栃木県益子町で陶磁器を制作する。

殆ど手轆轤のみを使用するシンプルな造形と、釉薬の流描による大胆な模様を得意とした。1955年(昭和30年)2月15日の戦後の年には、1回の重要無形文化財保持者「人間国宝」「工芸技術部門陶芸民芸陶器」に認定。また、1964年(昭和39年)に「紫綬褒章」、1968年(昭和43年)には「文化勲章」を受章する。

柳宗悦の影響をうけて民芸運動を熱心に行い、1961年(昭和36年)の柳の没後は日本民藝館の第2代館長に就任する。また1977年(昭和52年)には、自ら蒐集した日本国内外の民芸品を展示する益子参考館を開館した。

1978年(昭和53年)益子にて死去。享年83歳。墓所は川崎市の宗隆寺。

濱田庄司 の代表的な作品

  • 「世界の民芸」
  • 「無尽蔵」
  • 「窯にまかせて」

出張買取の流れ

Step1
出張依頼

お気軽にご相談・ご依頼ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

出張依頼

Step2
日時決定

お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

日時決定

Step3
ご訪問・査定

ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

ご訪問・査定

Step4
買取・お支払い

ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金で買取りいたします。

買取・お支払い

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み鑑定会

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)
pagetop
TEL:0120-085-108 LINEでのご相談・お申込みはこちら メールでのご相談・お申込みはこちら