買取作家

林正太郎

はやし しょうたろう

林正太郎 の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では 林正太郎 の作品を高く評価し買取しております。
もし 林正太郎 の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

林正太郎(はやし しょうたろう(1947年-))岐阜県出身の現代の志野を代表する作家。

岐阜県多治見市、可児市、土岐市、瑞波市などで窯業を営む実力のある陶芸家(美濃陶芸協会所属の陶芸家)が出品する美濃陶芸展があり、この陶芸展の「美濃陶芸大賞」「加藤幸兵衛賞」「庄六賞」は毎年1点ずつ選ばれ、美濃の陶芸家において、大変栄誉な賞となっている。

この3つの賞を次々に受賞したのは林正太郎が初であり、その事からも実力ある作家である事が分かる。また、土岐市指定重要無形文化財保持者、岐阜県重要無形文化財保持者の認定も受けており、高い人気を誇る志野焼の作家として知られている。

才能あふれる林正太郎ですが、窯元の家に生まれながら焼物にはまったく関心を持たず、名古屋でサラリーマンとして働いた。しかし、同じことの繰り返しの毎日に飽き足らず、実家に戻り、兄・孝太郎に師事して焼物を始める。兄・孝太郎は美濃の有望な若手作家として有名で、日本工芸会正会員、美濃陶芸協会理事をつとめた注目の作家。

独立してからは、ガス窯で鉄釉などの天目や黄瀬戸などの様々な作品を制作していた。個展を開催した際、「美濃で作るなら志野が一番」というお客様の言葉で志野に打ち込む事を決意し、その後は志野一本で制作を行うようになる。

美濃焼の伝統的な原材料と技法を研究し、現代の原材料や燃料に工夫を重ねた。その結果、力強い造形と長石釉の柔らかな膚合いと変化に富んだ志野を生み出すことに成功し、単に桃山時代の志野の再現に留らず、常に新しいものを求め続け、創造性に溢れる志野を作っている。

林正太郎 の代表的な作品

  • 「志野徳利」
  • 「志野灰被花生」
  • 「赤志野耳付」
  • 「万葉彩香炉」

出張買取の流れ

Step1
出張依頼

お気軽にご相談・ご依頼ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

出張依頼

Step2
日時決定

お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

日時決定

Step3
ご訪問・査定

ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

ご訪問・査定

Step4
買取・お支払い

ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金で買取りいたします。

買取・お支払い

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み鑑定会

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)
pagetop
TEL:0120-085-108 LINEでのご相談・お申込みはこちら メールでのご相談・お申込みはこちら