楠部彌弌くすべ やいち

    楠部彌弌の買取

    楠部彌弌の作品を高く評価しております。
    もし作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

    楠部 弥弌(くすべ やいち、1897年(明治30)9月10日 - 1984年(昭和59)12月18日)は、陶芸家。京都市生まれ。本名は弥一。

    作風は多技多彩で知られる。特に彩埏と名付けた釉下彩磁は独自のものである。また京焼の伝統を踏まえた色絵は優美と言われる。

    1913年(大正2年)、京都市立陶磁器試験所特別科に学ぶ。
    1918年(大正7年)、赤土社結成に参加、作陶生活を開始。
    1924年(大正13年)、パリ万国博覧会に出品、受賞。
    1927年(昭和2年)、帝展初入選。
    これ以後帝展、文展など官展で造形の新傾向開拓、後進の指導に尽力。
    1933年(昭和8年)、帝展で特選。燿々社結成。
    1936年(昭和11年)、パリ万国博覧会で受賞。
    1937年(昭和12年)より文展審査員。
    1946年(昭和21年)より日展審査員。
    1951年(昭和26年)、日展文部大臣賞受賞。
    1953年(昭和28年)、博埴会と青陶会を結成。
    1954年(昭和29年)、日本芸術院賞受賞[1]。
    1962年(昭和37年)、日本芸術院会員。
    1978年(昭和53年)、文化勲章受章。
    1982年(昭和57年)、日本新工芸家連盟会長に就任。
    1984年(昭和59年)、京都で歿。

    楠部彌弌の代表的な作品

    • 「彩延麗春香炉」
    • 「辰砂魚文鉢」

    出張買取

    • 出張依頼

      お気軽にご相談ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

    • 日時決定

      お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

    • ご訪問・査定

      ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

    • 買取・お支払い

      ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金でお支払いいたします。

    美術品の時価評価が必要な皆さまへ

    楠部彌弌を含め、相続や企業の帳簿価格の見直し等で必要な美術品・骨董品の時価評価は、「美術品評価サービス」がございます。

    美術品評価サービスについて

    ご相談・お申込みはこちらまで

    ご相談・お申込み

    経験豊富なオペレーターがご対応します

    0120-08-5108

    営業時間 :8:30〜17:30 年中無休

    査定料、訪問料、ご相談料などの追加費用は一切不要です。まずはお気軽にご相談ください。

    選べる買取方法