買取作家

藤原雄

ふじわら ゆう

藤原雄 の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では 藤原雄 の作品を高く評価し買取しております。
もし 藤原雄 の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

藤原 雄(ふじわら ゆう 1932年6月10日 - 2001年10月29日)は日本の陶芸家。1996年に人間国宝に認定。

岡山県備前市(当時の和気郡伊里村)穂浪出身。藤原啓、勝代の長男として生まれる。

視力が右目は0.03、左目は全く無いというハンディの持ち主であったが、健常者同様に進学する事に父親はこだわり続けたという。青年時代は文学や音楽に熱中していたという。

備前焼の伝統を重んじながらも、新しい感性に溢れた作品作りを追求。「焼き締め陶公募展」を開催し実行委員長を務め、後進の発掘と育成にも力を注いだ。

息子は同じく陶芸家であり陶心会会長・備前陶友会理事を務める藤原和である。

1951年、明治大学 文学部 日本文学科に進学。

1955年、みすず書房に就職。しかし同年9月に父親の看病の為に休職し帰郷。小山富士夫に備前焼を勧められ父に師事し技法を学びはじめる。

1957年、結婚。

1958年、日本伝統工芸展に初入選。長男・和、誕生。

1961年、日本工芸会より正会員に認定された。

1964年、アメリカ現代陶芸美術館やカナダのポイントクレーヤーでは海外初の個展を開催する。同年以降、アメリカ、カナダ、メキシコ、スペインの大学などで備前焼についての講義をたびたび行う。

1965年、棟方志功と共にアメリカ・ダートマス大学の客員教授を務める。以後国内外で多くの作品を発表しその評価が高まってゆく。後にメトロポリタン美術館や大英博物館にも作品が収蔵された。

1985年、紺綬褒章受章。

1988年、社団法人日本工芸会理事に就任。同年、日本人として初めて韓国国立現代美術館にて「備前一千年、そして今、藤原雄の世界展」を開催。

1991年、「焼き締め陶公募展」開催。実行委員長を務める。
1996年 5月10日、重要無形文化財「備前焼」保持者に認定。2代に亘っての人間国宝となった。

2001年 多臓器不全のため69歳で逝去。

出張買取の流れ

Step1
出張依頼

お気軽にご相談・ご依頼ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

出張依頼

Step2
日時決定

お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

日時決定

Step3
ご訪問・査定

ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

ご訪問・査定

Step4
買取・お支払い

ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金で買取りいたします。

買取・お支払い

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み鑑定会

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)
pagetop
TEL:0120-085-108 LINEでのご相談・お申込みはこちら メールでのご相談・お申込みはこちら