永楽善五郎えいらく ぜんごろう

  • 買取強化中
  • 千家十職
  • 土風炉・焼物師

永楽善五郎について

永楽善五郎の作品を高く評価しております。
もし作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

永樂善五郎(えいらく ぜんごろう)は、京焼の家元の一つ。千家十職の一つである「土風炉・焼物師」。代々、茶碗や土風炉等を制作。


初代から9代までは西村姓を名乗る。また、この頃は主に土風炉の制作を行っていた。10代以降は永樂を名乗り、土風炉に加えて茶陶を制作。


初代は奈良に住み、春日大社の供御器を制作していた。その後は堺の武野紹鴎の依頼により土風炉を制作。土風炉師・善五郎を名乗る。
2代は堺に住み、3代以降は京都に住む。「宗全」の銅印を小堀遠州の用命を受けた際にもらったため、9代までの作品には宗全印が捺用されている。


その後1788年の天明の大火のため、家屋敷や印章など失う被害を受けるが、10代の了全が再興。この再興には三千家の援助があり、以降は千家に出入りをするようなる。


11代の保全は1827年に徳川治寶の別邸西浜御殿の御庭焼開窯に招かれ、「河濱支流」の金印「永樂」の銀印を拝領。


現在は17代目であり、1944年に16代の長男として京都に生まれる。本名紘一。通称善五郎。東京芸大大学院工芸科を卒業し、1998年に17代永樂善五郎を襲名した。

出張買取

  • 出張依頼

    お気軽にご相談ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

  • 日時決定

    お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

  • ご訪問・査定

    ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

  • 買取・お支払い

    ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金でお支払いいたします。

美術品の時価評価が必要な皆さまへ

永楽善五郎を含め、相続や企業の帳簿価格の見直し等で必要な美術品・骨董品の時価評価は、「美術品評価サービス」がございます。

美術品評価サービスについて

ご相談・お申込みはこちらまで

ご相談・お申込み

経験豊富なオペレーターがご対応します

0120-08-5108

8:30〜17:30(月〜土・祝日も営業)

査定料、訪問料、ご相談料などの追加費用は一切不要です。まずはお気軽にご相談ください。

選べる買取方法