買取作家

宮下善寿

みやした ぜんじゅ

宮下善寿 の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では 宮下善寿 の作品を高く評価し買取しております。
もし 宮下善寿 の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

宮下善寿(みやした ぜんじゅ、1901年(明治34年)6月13日 - 1988年(昭和63年)5月9日)は、日本の陶芸家である。出身は京都市東山区。本名は善寿。1916年(大正5年に京都市立陶磁器伝習所にてろくろ成形技術を学んだ。その後兵役を経て1926年(昭和元年に京城市の高麗焼研究所へ入り、朝鮮古窯に興味を抱いた。翌2年後帰国し、4年より日本陶芸協会に参加して、その主宰者河村蜻山に師事した。同12年第1回新文展に「瑠璃釉釣花器」で初入選し、その後同展である日展へと出品を続ける。24年第5回日展に「陶器紅映瓷花壷」を出品して特選を受賞する。また、30年第11回日展でも「秋慶文盛器」により特選を受け、翌年第12回日展に無鑑査出品する。33年第1回新日展では審査員をつとめる。34年、日展会員となる。卓抜なろくろによる成形技術をいかし、均整のとれたふくらみのある形体、独特の紫味を帯びた青釉を特色とする作品を多く製作する。50年には第9回改組日展に「白翠瓷飾瓶」を出品して内閣総理大臣賞を受賞した。51年、京都府美術工芸功労者となり、56年京都市文化功労者に選ばれた。

宮下善寿 の代表的な作品

  • 「白磁」
  • 「青磁」
  • 「釣窯」

出張買取の流れ

Step1
出張依頼

お気軽にご相談・ご依頼ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

出張依頼

Step2
日時決定

お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

日時決定

Step3
ご訪問・査定

ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

ご訪問・査定

Step4
買取・お支払い

ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金で買取りいたします。

買取・お支払い

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み鑑定会

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)
pagetop
TEL:0120-085-108 LINEでのご相談・お申込みはこちら メールでのご相談・お申込みはこちら