買取作家

猪熊弦一郎

いのくま げんいちろう

猪熊弦一郎 の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では 猪熊弦一郎 の作品を高く評価し買取しております。
もし 猪熊弦一郎 の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

猪熊 弦一郎(いのくま げんいちろう、1902(明治35)年12月14日-1993(平成5)年5月17日)は、昭和から平成時代に活躍した日本の洋画家である。
1902年に香川県高松市で生まれる。その後丸亀市に転居し、幼少期を過ごす。小学時代から絵がうまく、美術の授業では教師の代わりをすることもあった。1921年に旧制丸亀中学校を卒業。


1922年に東京美術学校洋画科に入学。在学中は藤島武二に師事。1926年に同校を中退。同年の第7回帝展で「婦人像」を出品し、初入選を果たす。その後も帝展に出品を行い、1929年の第10回帝展で「座像」を出品。1933年の第14回帝展で「画室」を出品し、どちらも特選を受賞する。1936年、帝展組をきっかけに小磯良平や脇田和らと新制作派協会を設立し活躍を見せた。


1938年から1940年の間、フランスに渡る。滞在中はアンリ・マティスの指導を受ける。その後第二次世界大戦のため帰国。戦時中は中国に文化視察として派遣。フィリピンやビルマにも従軍画家として戦地へ赴いた。陸軍美術展では戦争画の「◯◯方面鉄道建設」を発表。


戦後は田園調布純粋美術研究室を発足。後進の指導にも励んだ。1950年には三越の包装紙である「華ひらく」をデザイン。翌年には壁画「自由」を上野駅に完成させる。また、同年に慶應義塾大学大学ホールの壁画「デモクラシー」と名古屋丸栄ホテルホール壁画「愛の誕生」で第2回毎日美術賞を受賞し、活躍を見せる。


一方で、海外での活躍を始め、サンパウロ・ビエンナーレ展やカーネギー国際美術展にたびたび出品。1955年からはニューヨークに拠点を移す。この頃から抽象画に移り、独自の領域を開いた。日本とアメリカの両方で活躍を見せ、1964年には現代日本美術展で国立近代美術館賞を受けた。


1973年に脳血栓で倒れてからは、毎年の冬はハワイで過ごし、創作活動を続けた。その後も勲三等瑞宝章受章や毎日美術賞を受賞するなど活躍を見せたが、1993年に死去した。



年表
1902(明治35)年 香川県高松市に生まれる
1922(大正11)年 東京美術学校西洋画科 入学
          藤島武二に師事
1926(大正15)年 第7回帝展に「婦人像」を出品 初入選
1929(昭和4)年 第10回帝展に「座像」を出品 特選受賞
1933(昭和8)年 第14回帝展に「画室」を出品 特選受賞
1936(昭和11)年 新制作派協会を設立
1938(昭和13)年 渡仏
          アンリ・マティスに指導を受ける
1951(昭和26)年 上野駅の壁画「自由」が完成  
          第2回毎日美術賞 受賞
1955(昭和30)年 ニューヨークに活動の拠点を移す
1964(昭和39)年 国立近代美術館賞
1980(昭和55)年 勲三等瑞宝章受章
1991(平成3)年 丸亀市名誉市民
1993(平成5)年 死去

猪熊弦一郎 の代表的な作品

  • 「Entrance-A」
  • 「仮面の告白」
  • 「座像」

出張買取の流れ

Step1
出張依頼

お気軽にご相談・ご依頼ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

出張依頼

Step2
日時決定

お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

日時決定

Step3
ご訪問・査定

ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

ご訪問・査定

Step4
買取・お支払い

ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金で買取りいたします。

買取・お支払い

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み買取

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)
pagetop
TEL:0120-085-108 LINEでのご相談・お申込みはこちら メールでのご相談・お申込みはこちら