買取作家

野見山暁治

のみやま ぎょうじ

野見山暁治 の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では 野見山暁治 の作品を高く評価し買取しております。
もし 野見山暁治 の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

野見山暁治(のみやま ぎょうじ、1920年-)は、昭和から平成時代に活躍する日本の洋画家である。


1920年12月17日福岡県穂波村に炭鉱経営者の子として生まれる。父親の野見山佐一は海老津鉱業、昭和炭鉱社長である。1938年に嘉穂中学校を卒業。卒業後は 東京美術学校洋画科に入学。当時は故郷の炭鉱を制作の原風景としていた。1943年に同校を卒業。戦時中であったため満州に応召されるが病気にかかり入院。その後帰国し入院。


1945年の終戦後に退院し、傷痍軍人制度廃止に伴う一時金を得る。1948年第2回自由美術家協会展で協会賞、会員に推挙される。同年、結婚する。その後1952年から1964年までフランスにわたり、椎名其二(そのじ)の影響をうける。1956年にサロン・ドートンヌ会員となる。また、滞在中に妻である陽子をフランスに呼び寄せるが、わずか1年でガンを発症。1956年闘病の末に早世した。その後の1958年には「岩上の人」が安井賞を受賞。


帰国後は1968年に東京芸術大学助教授を務め、1972年から1981年まで同校の教授として活躍した。名誉教授となる。


退官後は個展を開催。1992年には第42回芸術選奨文部大臣賞を受賞。1994年第1回福岡県文化賞、1996年毎日芸術賞を受賞するなど活躍を見せ、2000年には文化功労者となった。また、戦没画学生慰霊美術館「無言館」の開設・運営につくしたとして信濃デッサン館館主窪島誠一郎とともに2005年に菊池寛賞を受賞する。


その後も活躍をみせ2014年に文化勲章受章、2017年練馬区名誉区民に選定される。
故郷の炭鉱を制作の原風景としていたが、12年間のパリ生活を経て、抽象画へと変化。



年表
1920年 福岡県に生まれる
1938年 嘉穂中学校を卒業
1943年 東京美術学校洋画科卒業
    満州に応召 病気にかかり入院
1945年 退院
1946年 第2回西部美術展覧会で福岡県知事賞
1948年 第2回自由美術家協会展で協会賞、会員に推挙される
1952年 フランスに渡る
1956年 サロン・ドートンヌ会員となる
1958年 安井賞を受賞
1964年 帰国
1968年 東京芸術大学助教授
1972年 東京芸術大学教授
1978年 『四百字のデッサン』で日本エッセイスト・クラブ賞受賞
1981年 東京芸術大学辞職
1983年 北九州市立美術館、東京セントラル美術館で個展を開催
1992年 第42回芸術選奨文部大臣賞を受賞
1994年 第1回福岡県文化賞
1996年 毎日芸術賞を受賞
2000年 文化功労者に選ばれる
2005年 菊池寛賞を受賞
2014年 文化勲章受章
2017年 練馬区名誉区民に選定される

出張買取の流れ

Step1
出張依頼

お気軽にご相談・ご依頼ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

出張依頼

Step2
日時決定

お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

日時決定

Step3
ご訪問・査定

ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

ご訪問・査定

Step4
買取・お支払い

ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金で買取りいたします。

買取・お支払い

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み鑑定会

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)
pagetop
TEL:0120-085-108 LINEでのご相談・お申込みはこちら メールでのご相談・お申込みはこちら