買取作家

吉田博

よしだ ひろし

吉田博 の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では 吉田博 の作品を高く評価し買取しております。
もし 吉田博 の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

吉田 博(よしだ ひろし、1876(明治9)年9月19日-1950(昭和25)年4月5日)は、明治から昭和時代に活躍した日本の洋画家・版画家である。
福岡県久留米市に旧久留米藩士の上田束秀之の次男として生まれる。1888年、英語専修学校の福岡県立修猷館(現在の福岡県立修猷館高等学校)に入学。1891年に修猷館の図画教師を務めていた洋画家の吉田嘉三郎に画才を見込まれ、吉田家の養子となる。1893年に修猷館を卒業。


卒業後は、京都で洋画家の田村宗立に師事。1894年に三宅克己と出会い、水彩を始める。同年に三宅の勧めで上京。小山正太郎主催の不同舎に入門。その後明治美術会会員となり、明治美術会10周年記念展では「雲」や「雲叡深秋」などを出品。


1899年に、渡米。デトロイト美術館で「日本画家水彩画展」を開催。翌年にはボストン美術館で2人展を開催。その後もイギリスやイタリア、ドイツ、フランス等を巡歴。世界的にも高い評価を受けた。1903年には再び渡米。ボストンを拠点として展覧会を開催。翌年のセントルイス万博では「雨後の桜」など3点を出品。銅賞碑を受賞する。その後も各地を巡り展覧会を開催。1906年に帰国する。


また、共に各国を巡った中村八郎らとともに1902年に明治美術会を引き継ぐ太平洋画会を結成。太平洋画会は黒田清輝らが創設した白馬会とともに、明治時代の画壇を二分する団体へと発展。一方で東京府勧業博覧会や、文展、帝展での出品を重ね多数の賞を受賞。1910年から1913年まで文展審査員を、帝展でも委員や審査員を務める。


1920年、版元の渡辺庄三郎と出会い、木版画の出版を開始。しかし、1923年の関東大震災により木版画と版木を全て焼失。その後再び渡米。木版画が好評を得ると、以降は版画の作品を中心に制作。多数の作品を手掛け、1947年に太平洋画会会長に就任するなど活躍を見せた。


作品には富士山をモチーフとした作品が多く、葛飾北斎の影響を受けていると考えられている。風景絵画と知られ、木版の作品も多く手掛けた吉田博は、1950年4月5日に新宿区の自宅で老衰のため死去した。



年表
1876(明治9)年 福岡県に生まれる
1891(明治24)年 吉田嘉三郎の養子となる
1893(明治26)年 田村宗立に師事
1894(明治27)年 上京
          不同舎に入門
1898(明治31)年 明治美術会10周年記念展 出品
1899(明治32)年 渡米
          デトロイト美術館で展覧会を開催
1900(明治33)年 ボストン美術館で2人展を開催
          渡英 パリ万国博覧会で褒状を受賞
1901(明治34)年 帰国
1902(明治35)年 第1回太平洋画会展に「榛名湖」等 出品
1903(明治36)年 渡米
1904(明治37)年 セントルイス万国博覧会で「雨後の桜」を出品 銅牌受賞
1907(明治40)年 帰国
          東京勧業博覧会に「紐育ブルックリンの夕景」を出品2等賞
          第1回文展に「新月」を出品 3等賞
1908(明治41)年 第2回文展に「雨後の夕」を出品 2等賞
1909(明治42)年 第3回文展に「千古の雪」を出品 2等賞
1920(大正9)年 木版画を出版
1928(昭和3)年 版画展を開催
1935(昭和10)年 二部会に参加
1936(昭和11)年 日本山岳画協会を結成
1937(昭和12)年 第1回新文展に「利尻姫沼」を出品 李王家買い上げとなる
1938(昭和13)年 陸軍省嘱託画家として中国に派遣
1946(昭和21)年 最後の木版画を作成
1947(昭和22)年 太平洋画会の会長
1950(昭和25)年 73歳で逝去

吉田博 の代表的な作品

  • 「雲叡深秋」
  • 「雲井桜」
  • 「牧場の午後」

出張買取の流れ

Step1
出張依頼

お気軽にご相談・ご依頼ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

出張依頼

Step2
日時決定

お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

日時決定

Step3
ご訪問・査定

ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

ご訪問・査定

Step4
買取・お支払い

ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金で買取りいたします。

買取・お支払い

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み買取

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)
pagetop
TEL:0120-085-108 LINEでのご相談・お申込みはこちら メールでのご相談・お申込みはこちら