買取作家

有島生馬

ありしま いくま

有島生馬 の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では 有島生馬 の作品を高く評価し買取しております。
もし 有島生馬 の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

有島 生馬(ありしま いくま、1882(明治15)年11月26日-1974(昭和49)年9月15日)は、大正から昭和時代に活躍した日本の洋画家・小説家である。本名は壬生馬。神奈川県横浜市に大蔵省関税局長兼横浜税関長であった有島武の次男として生まれた。兄に有島武郎、弟に里見弴がいる。


父の仕事上、幼い頃から吉田清成や山尾庸三らの官僚の子供たちと親しく交流していた。1891年に父が大蔵省国債局長となったため東京の麹町区永田町の官邸に転居。麹町小学校に転校したが、1893年に父が退官しため1895年に学習院初等科に転校。その後は中等科に進み、志賀直哉や黒木三次らと交流。文芸サークル「睦友会」を共に結成し、会報誌で文芸評論などを発表。


1900年に肋膜炎を患い、学習院を中退。父の郷里である鹿児島県平佐村にて転地療養。この頃に書店で見つけた「近松研究」をきっかけに近松門左衛門など日本の古典文学に魅了される。また、日本のカトリック僧と出逢った事がきっかけでイタリアの芸術に魅かれる。


その後療養を終え、1901年に東京外国語学校イタリア語科に入学。1904年に同校を卒業。卒業後はすぐに藤島武二に師事。翌年イタリアへ留学し国立ローマ美術学校に入学。また、カロリュス・デュランに師事し絵画の勉強に励む。1906年からはパリの美術学校グラン・ショミエールに通いはじめ、ラファエル・コラン、ブリネーに指導を受けた。また、パリでセザンヌ回顧展を見て感動を受ける。


帰国後は「白樺」の同人となり、セザンヌをいち早く紹介。西洋美術の紹介を務め、1914年の二科会創立でも活躍を見せた。また、一水会創立への参加や、日展審査員・理事なども歴任。1947年には日本芸術院会員、1964年に文化功労者となり活躍。日本だけでなく、1928年にフランス政府よりレジオン・ドヌール勲章を授与される。


広い知識で各方面で活躍した有島生馬は1974年9月15日に老衰のため死去した。




年表
1882(明治15)年 神奈川県横浜市で生まれる
1904(明治37)年 東京外国語学校イタリア語科 卒業
          藤島武二に師事
1905(明治38)年 イタリアへ留学
          国立ローマ美術学校 入学
1906(明治39)年 パリでラファエル・コラン、ブリネーに師事
1910(明治43)年 帰国
          雑誌「白樺」の創刊に参加
1911(明治44)年 第11回文展に入選
1914(大正3)年 二科会創立 
1928(昭和3)年 フランス政府よりレジオン・ドヌール勲章 受章
1935(昭和10)年 帝国美術院会員
          日本ペンクラブ副会長
1936(昭和11)年 一水会創立 参加
1937(昭和12)年 帝国芸術院会員
1938(昭和13)年 紀元2600年奉祝美術展覧会委員
1939(昭和14)年 第1回黒門会展覧会を開催
1947(昭和22)年 日本芸術院会員
1958(昭和33)年 日展常任理事
1964(昭和39)年 文化功労者
1974(昭和49)年 勲二等瑞宝章を受章
          死去

有島生馬 の代表的な作品

  • 「ケーベル博士像」
  • 「微笑」
  • 「白いブラウス」

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み買取

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)
pagetop