買取作家

村山槐多

むらやま かいた

村山槐多 の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では 村山槐多 の作品を高く評価し買取しております。
もし 村山槐多 の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

村山 槐多(むらやま かいた、1896年(明治29年)9月15日 - 1919年(大正8年)2月20日)は、日本の洋画家、詩人である。
洋画家として槐多は、早くして病没した画家としては比較的多くの作品を残している。全体的に決して技巧的とは言えないが、原色を多用した、けばけばしいともいえる筆致を特徴とした。「庭園の少女」、「湖水と女」、「バラと少女」などの女性像や、「朱の風景」、「松の群」、「信州風景」などの風景をモチーフとして好んだ。その他にも、托鉢に放尿する裸の僧侶を赤を主として描いた「尿する裸僧」は見る者に異様な情熱を感じさせた。これはもっとも槐多らしい作品として知られている。
槐多は、詩人としても活動していた。詩集「槐多の歌へる」は槐多の死後に友人たちにより編集され、出版もされた。収録された作品としては、絵と同様に、技巧的というより若々しい情熱や率直さに満ちたものであった。また、草野心平の詩人としての人生に大きな影響を与えているが、一般的に、その絵画と比べると一段低く評価されている。
小説も執筆しており、未完のものも多いが、短編である「悪魔の舌」は幻想怪奇小説のアンソロジー等に多く収載されている。
槐多は、愛知県額田郡岡崎町(現在は岡崎市)に父である村山谷助と母のたまとの長男として生まれた。結婚前に母のたまは、森鴎外家で女中奉公をしており、その縁から鴎外が名付け親となった。10代からランボーやボードレールに読み耽り、詩作もよくした。しかしその早熟さとデカダン的な生活、貧しさや失恋による心の痛みなどの度重なる不幸により結核性肺炎を患っていた。また、22歳という若さで夭折した点まで、同時代で同じ洋画家の関根正二とよく比較されることがあるが、2人の作風はまったく異なる。画家自身の情念や不安を反映した槐多の人物像は、器用とは言えないが、一度見ると忘れられないほど強烈な印象を残すものである。画家の山本鼎は従兄であり、また随筆家の黒柳朝は槐多のはとこにあたる。
1919年2月に槐多は、その当時猛威を振るっていたスペイン風邪にかかり寝込んでしまった。2月19日夜9時ごろ、槐多は激しい嵐のなかで外に飛び出し、午前2時ごろに畑のなかに倒れているのを発見された。発見された槐多は、失恋した女性の名等をしきりにうわごとのように言っていたが、午前2時30分に当時22歳で息を引き取った。

村山槐多 の代表的な作品

  • 「庭園の少女」
  • 「裸婦」
  • 「尿する裸僧」
  • 「自画像」
  • 「バラと少女」
  • 「コスチュームの娘」
  • 「湖水と女」
  • 「松の群」

出張買取の流れ

Step1
出張依頼

お気軽にご相談・ご依頼ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

出張依頼

Step2
日時決定

お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

日時決定

Step3
ご訪問・査定

ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

ご訪問・査定

Step4
買取・お支払い

ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金で買取りいたします。

買取・お支払い

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み鑑定会

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)
pagetop
TEL:0120-085-108 LINEでのご相談・お申込みはこちら メールでのご相談・お申込みはこちら