買取作家

前田寛治

まえた かんじ

前田寛治 の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では 前田寛治 の作品を高く評価し買取しております。
もし 前田寛治 の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

前田 寛治(まえた かんじ、1896年10月1日-1930年4月16日)は日本の洋画家である。
鳥取県東伯郡北条町(現北栄町)に生まれる。
人物者実画を得意とし、前田の古典的構図におけるフォーヴィスム的筆致が「前寛ばり」
という流行語を生むなど当時の芸術家に大きな影響を与えた。

前田は1914年に倉吉中学(現在は倉吉東高等学校)を卒業し、第三高等学校(現在は京都大学)を受験するが失敗。
その後は画家を志し、美術教師の中井金三に1年間絵を学んだ。
さらに上京し、白馬会葵橋洋画研究所で学び、1916年に東京美術学校(現在の東京芸大)に合格し、入学した。
学校では長原孝太郎と藤島武二から教えを受けた。
また、大学在学中の1920年に恩師である中井を中心とした倉吉の文化団体「砂丘社」に創立より参加し、積極的に同人展
に出品した。1921年には東京美術学校を卒業し、研究所に進級、翌年1922年から1925年まではフランスに滞在。
フランスでは、パリの美術学校アカデミー・ド・ラ・グラン・ショーミエールに入学し、クーベの写実主義を研究する。
また、滞在期間中に同郷のマルクス主義理論家である福本和夫と交友を持ち、影響を受けた。
その後前田は日本に帰国すると、パリ時代の友人である、佐伯祐三、里見勝蔵、小島善太郎たちと共に1926年に
「1930年協会」を結成。
1928年には前田写実研究所を東京都杉並区天沼にアトリエ兼自邸として開設し、指導をしつつ更なる探求をはじめる。

前田は帝国美術院展覧会にて特選を重ねることで、1929年には帝展審査員を務めたが、病となり都内の病院に入院。
その病室で絶筆となる大作「海」を完成させた。その後1930年に鼻孔内腫瘍により息を引き取った。


前田寛治 の代表的な作品

  • 「海」
  • 「棟梁の家族」
  • 「ベッドの裸婦」
  • 「裸体」
  • 「横臥裸婦」
  • 「J.C嬢の像」
  • 「二人の労働者」
  • 「ポーランド人の姉妹」

出張買取の流れ

Step1
出張依頼

お気軽にご相談・ご依頼ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

出張依頼

Step2
日時決定

お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

日時決定

Step3
ご訪問・査定

ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

ご訪問・査定

Step4
買取・お支払い

ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金で買取りいたします。

買取・お支払い

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み鑑定会

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)
pagetop
TEL:0120-085-108 LINEでのご相談・お申込みはこちら メールでのご相談・お申込みはこちら