買取作家

山口薫

やまぐち かおる

山口薫 の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では 山口薫 の作品を高く評価し買取しております。
もし 山口薫 の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

山口 薫(やまぐち かおる、1907-1968年)は、昭和時代に活躍した日本の洋画家である。8月13日に群馬県群馬郡箕郷町に11人兄弟の末子として生まれる。
県立高崎中学卒業後、1925年に東京美術学校西洋画科に入学。在学中である1926年に第7回帝展に出品し初入選する。翌年の、第8回帝展でも入選。1929年には第4回国画会展にも入選し、早くから才能を発揮した。1930年同校卒業とともに渡欧。ヨーロッパ諸国を歴遊する。1933年に帰国。
帰国後は国画会会友となる。翌年には村井正誠、矢橋六郎、長谷川三郎らの同志とともに新時代洋画展を設立。近代的な絵画の創作運動を展開した。さらに1937年に自由美術家協会を結成。第二次世界大戦後の1950年には村井正誠、矢橋六郎、長谷川三郎の旧同志とともに自由美術協会を離脱し、モダンアート協会の創立に参加した。以後モダンアート協会に主要な作品発表を続ける。また、国内で開催された国際美術展や、サンパウロ、ヴェネツィアの各ビエンナーレ展にも出品を行う。
一方で文化学院や武蔵野美術学校の講師を務め、東京芸術大学教授として美術教育に従事した。
1956年に現代日本美術展で佳作賞、1958年グッゲンハイム賞国際美術展国内賞、第10回毎日美術賞、1960年芸術選奨文部大臣賞を受けるなど、多数の賞を受賞し活躍を見せた。
1968年5月19日に胃ガンのため東京・新宿区の東京女子医大病院で死去した。
豊かな色彩とのびやかな形態の交響による、独特の詩情に満ちた画風を示す。

年表
1907年 群馬県で生まれる
1925年 東京美術学校西洋画科に入学
1926年 第7回帝展で初入選
1927年 第8回帝展入選
1929年 第4回国画会展に入選
1930年 第17回二科会展に入選
    東京美術学校西洋画科卒業
    渡欧
1933年 帰国 国画会会友
1934年 新時代洋画展を結成
1937年 自由美術家協会を結成
1950年 モダンアート協会を結成
1951年 武蔵野美術大学講師に就任
1956年 現代日本美術展で佳作賞
1958年 グッゲンハイム賞国際美術展国内賞
1960年 芸術選奨文部大臣賞受賞
1964年 東京芸術大学教授に就任
1968年 死去

山口薫 の代表的な作品

  • 「草原を飛ぶつばさ」
  • 「紐(ひも)」
  • 「花子誕生」
  • 「葬送」
  • 「牛」
  • 「おぼろ月に輪舞する子供達」
  • 「花の像」

出張買取の流れ

Step1
出張依頼

お気軽にご相談・ご依頼ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

出張依頼

Step2
日時決定

お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

日時決定

Step3
ご訪問・査定

ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

ご訪問・査定

Step4
買取・お支払い

ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金で買取りいたします。

買取・お支払い

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み鑑定会

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)
pagetop
TEL:0120-085-108 LINEでのご相談・お申込みはこちら メールでのご相談・お申込みはこちら