買取作家

木田金次郎

きだ きんじろう

木田金次郎 の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では 木田金次郎 の作品を高く評価し買取しております。
もし 木田金次郎 の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

木田 金次郎(きだ きんじろう、1893(明治26)年7月16日-1962(昭和37)年12月15日)は、大正から昭和時代に活躍した日本の洋画家である。


北海道岩内町に漁業家である木田久造の二男として生まれる。岩内尋常高等小学校高等科を卒業後の1908年に上京。京北中学に通い絵を描き始める。その後1910年に学校を中退。札幌で開かれていた展覧会で有島武郎の作品を見て感銘をうけ、有島武郎を訪問。その際、自身で描いた多数のデッサンを持っていく。以後、交友が生まれる。その後帰郷。家業に従事し、その傍らで絵を描き続ける。


1919年、有島武郎の尽力で、初のデッサン展を開催。1923年に有島武郎が死去。それ以降、家業を離れ画業に専念。戦後は後志美術協会や全道美術協会の創立に参加。出品は一度もせず、退会。1953年に札幌市で初の個展を開催するが、翌年の洞爺丸台風による岩内大火で作品の多くを焼失してしまう。


生涯を北海道で過ごし活動した木田金次郎は1962年に脳出血のため死去した。



年表
1893(明治26)年 北海道に生まれる
1908(明治41)年 上京
1910(明治43)年 有島武郎の家を訪ねる
1919(大正8)年 初のデッサン展 開催
1923(大正12)年 画家になることを決心
1928(昭和3)年 満州・朝鮮を写生旅行
1941(昭和16)年 利尻・礼文島へ写生旅行
1945(昭和20)年 後志美術協会、全道美術協会の創立に参加
1950(昭和25)年 岩内町文化賞 受賞
1953(昭和28)年 初個展を開催
1954(昭和29)年 台風により作品を失う
          北海道文化賞
1956(昭和31)年 島本融の著書『銀行生誕』の表紙と挿絵を描く
1957(昭和32)年 北海道新聞文化賞
1958(昭和33)年 戸籍名を金次郎に変更
1962(昭和37)年 死去

木田金次郎 の代表的な作品

  • 「青い太陽」
  • 「台風の朝」
  • 「灯台のある風景」

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み買取

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)
pagetop