買取作家

海老原喜之助

えびはら きのすけ

海老原喜之助 の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では 海老原喜之助 の作品を高く評価し買取しております。
もし 海老原喜之助 の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

海老原喜之助

海老原喜之助(えびはら きのすけ 1904年(明治37年)9月13日~1970年(昭和45年)9月19日)は、日本の洋画家。


鹿児島県鹿児島市に生まれる。県立志布志中を卒業。卒業後は上京し、アテネ・フランセでフランス語を学ぶ。また、川端画学校で絵画を学び「自画像」を制作。


1923年には単身渡仏。パリでは当時パリで制作活動をしていた藤田嗣治に師事。滞在中に出品した作品が第10回二科展に初入選。翌年のサロン・ドートンヌに初入選を果たす。以降出品を重ねる。
また、この頃から海老原のトレードマークとなる青を基調とした作品を数多く描いた。晩年まで藤田嗣治に師事していたが、海老原の作品には、アンリ・ルソーなどからの影響が感じられる作品が多かった。


1934年に帰国。帰国後は個展を開催。翌年には独立美術協会会員となり、同協会の独立展に作品の出品を続ける。また、戦争画の制作も行っていた。
戦後に描かれた作品は、パリ時代のものと比べて原色に近い鮮やかな青を用いているのが特徴である。


その後も多数の賞を受賞。フランスにも度々訪れる。


「エビハラ・ブルー」と呼ばれた鮮やかな青の色彩を多用し、馬をモチーフにした作品を描き続けた海老原喜之助は、パリのアパートで消化器系のガンのため死去した。




年表
1904年 鹿児島市に生まれる
1921年 上京
    川端画学校で絵画を学ぶ
1922年 アテネ・フランセに学ぶ
1923年 渡仏
    藤田嗣治に師事
   第10回二科展に初入選
1924年 サロン・ドートンヌに初入選
1934年 帰国
1935年 独立美術協会会
1946年 新興日本美術展覧会審査員
1947年 熊日綜合美術展審査員
1950年 南日本文化賞
1951年 海老原美術研究所 創立
1955年 第3回日本国際美術展 佳作受賞
1957年 国立近代美術館賞 受賞
1959年 日本国際美術展に「蝶」を出品 最優秀賞受賞
1964年 芸術選奨文部大臣賞 受賞
1970年 死去

海老原喜之助 の代表的な作品

  • 「姉妹ねむる」「ゲレンデ」
  • 「曲馬」
  • 「蝶」

出張買取の流れ

Step1
出張依頼

お気軽にご相談・ご依頼ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

出張依頼

Step2
日時決定

お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

日時決定

Step3
ご訪問・査定

ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

ご訪問・査定

Step4
買取・お支払い

ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金で買取りいたします。

買取・お支払い

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み鑑定会

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)
pagetop
TEL:0120-085-108 LINEでのご相談・お申込みはこちら メールでのご相談・お申込みはこちら