買取作家

長谷川潔 買取強化中

はせがわ きよし

長谷川潔 の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では 長谷川潔 の作品を高く評価し買取しております。
もし 長谷川潔 の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

長谷川潔(はせがわ きよし、1891年(明治24年)12月9日-1980年(昭和55年)12月13日)大正・昭和期に活躍した日本の版画家。神奈川県横浜市に生まれる。

父親が銀行家であったため裕福な家庭に育ち、幼いころから父親から論語の素読や書、日本画などを教わっていた。1902年、大阪に移住し父親が死去。東京の麻布に転居する。麻布中学卒業前に母が死去。

1910年(明治43年)に麻布中学を卒業した後、葵橋洋画研究所で黒田清輝から素描を、本郷洋画研究所で岡田三郎助、藤島武二から油彩を学び、バーナード・リーチからはエッチング技法の指導を受けた。1913年(大正2年)に文芸同人誌『仮面』や、短歌雑誌「水甕」に参加し口絵や表紙を木版画で製作する。日夏耿之介や堀口大學の本の装幀なども担当した。以後版画の研究、制作に専念する。

1916年、永瀬義郎、広島晃甫とわが国初の版画家グループ「日本版画倶楽部」を結成し、創作版画展を開催。1918年(大正7年)に渡仏し、様々な銅版画の技法を習熟。没するまで1度も帰国することなくパリを中心に制作活動を展開します。パリで1923年からサロン・ドートンヌに出品、翌年にはデュフィーの勧誘でマチス、ピカソなども所属したソシエテ・デ・パントル・グラヴュール・アンデパンダンに入会し、パリ画壇で確固たる地位を築いた。一方、特殊銅版画技法マニエール・ノワールの復興を行い、この技法に唐墨の深みをもつ色調による独自の表現を吹き込み注目されるに至る。1925年には初の版画展をパリのヌーベル・エソール画廊で開催し、高い評価を得た。翌年サロン・ドートンヌ版画部会員となる。

また、日本の団体では、1928年に春陽会会員、1931年日本版画協会創立会員となり出品する。1934年、広重以後の日本版画を紹介した《L’Estampe Japonais Moderne et ses Origines》展に準備段階から尽力、翌年仏政府からシュヴァリエ・ド・ラ・レジョン・ドヌール勲章を受章。

しかし、1939年(昭和14年)に第二次世界大戦が勃発すると、長谷川の生活が大きく変わることになる。フランス在住の多くの画家が帰国していく中、長谷川はフランスにとどまるが、パリを離れることになってしまう。その為サルト県にある斎藤豊作邸に疎開、その後もボルドー、ビアリッツなどを転々とし、一時パリに戻るが、経済的にも健康面でも苦しい日々を送った。1945年(昭和20年)にはパリ中央監獄、ドランシー収容所に収監されるも、知人の助けもあり約一か月後に解放される。戦後、再び創作を再開。

サロンドーヌをはじめ、国際現代版画展、フランス現代版画展、東京国際ビエンナーレ展等各種の展覧会及び個展で制作発表を行い名声を高める。1964年フランス芸術院コレスポンダンス会員となる。66年にフランス文化勲章を受章、翌年パリ市の金賞牌が授与されるなど、日本よりフランスの方ではやくから評価がなされ、72年には、フランス国立貨幣、賞牌鋳造局の肖像メダルに、日本人では葛飾北斎、藤田嗣治につぐ三人目として刻される。

死去の年にあたる80年、京都国立近代美術館で「長谷川潔展」が開催され、版画131点、油彩画22点が出品された。1980年(昭和55年)12月13日、パリの自宅で死去。享年89歳。

長谷川潔 の代表的な作品

  • 「南仏古村(ムーアン・サントゥー)」、「アレキサンドル三世橋とフランスの飛行船」 「竹取物語 挿絵」、「2つのアネモネ」、「一樹(ニレの木)」、「花(切子ガラスに挿したアネモネと草花)」、「狐と葡萄(ラ・フォンテーヌの寓話)」、「時、静物画」

出張買取の流れ

Step1
出張依頼

お気軽にご相談・ご依頼ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

出張依頼

Step2
日時決定

お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

日時決定

Step3
ご訪問・査定

ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

ご訪問・査定

Step4
買取・お支払い

ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金で買取りいたします。

買取・お支払い

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み鑑定会

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)
pagetop
TEL:0120-085-108 LINEでのご相談・お申込みはこちら メールでのご相談・お申込みはこちら