須田国太郎すだ くにたろう

    須田国太郎について

    須田国太郎の作品を高く評価しております。
    もし作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

    須田 国太郎(すだ くにたろう、1891年6月6日 - 1961年12月16日)は洋画家。京都市出身。

    京都帝国大学で美学・美術史を専攻。卒業後関西美術院で素描を学びぶ。ヨーロッパ旅行後、一時京都帝大で美術史を講義するかたわら油絵を制作する。
    1934年独立美術協会に入り、重厚な作風と東西技法の融合を目指した独自のスタイルを探求。
    代表作に《犬》《歩む鷲》などがある。また、著作に『近代絵画とレアリスム』などがあり、美術研究者としても活躍した。

    須田国太郎の代表的な作品

    • 『工場地帯』1936年(兵庫県立美術館蔵)

    出張買取

    • 出張依頼

      お気軽にご相談ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

    • 日時決定

      お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

    • ご訪問・査定

      ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

    • 買取・お支払い

      ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金でお支払いいたします。

    美術品の時価評価が必要な皆さまへ

    須田国太郎を含め、相続や企業の帳簿価格の見直し等で必要な美術品・骨董品の時価評価は、「美術品評価サービス」がございます。

    美術品評価サービスについて

    ご相談・お申込みはこちらまで

    ご相談・お申込み

    経験豊富なオペレーターがご対応します

    0120-08-5108

    8:30〜17:30(月〜土・祝日も営業)

    査定料、訪問料、ご相談料などの追加費用は一切不要です。まずはお気軽にご相談ください。

    選べる買取方法