買取作家

南薫造

みなみ くんぞう

南薫造 の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では 南薫造 の作品を高く評価し買取しております。
もし 南薫造 の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

南 薫造(みなみ くんぞう、1883(明治16)年7月21日-1950(昭和25)年1月6)は、日本の洋画家である。油彩画や水彩画で知られる。また、版画の制作も行っていた。穏やかな作風である。


広島県賀茂郡内海町(現在の呉市安浦町)出身。1902年に東京美術学校西洋学科に入学。1907年に同校を卒業。卒業後はイギリスに留学。ボロー・ジョンソンに師事。1909年にはフランスに転じて研究を続ける。また、イギリスやフランスでは高村光太郎や有島生馬との交友もあった。1910年に帰国。帰国後は白馬会会員として活躍。また、白馬会主催で有島生馬との滞欧記念展が開催され、注目される。


その後も文展や帝展、新文展、日展で活躍。1916年以降は文展、帝展の審査員を務めた。一方で1932年から1943年にかけて東京美術学校の教授として後進の指導にあたった。また、1929年に帝国美術院会員、1944年に帝室技芸員に任命される。


穏やかな風景画を多く制作していたが、戦時中は戦争画も手掛け戦争美術関係の展覧会にも出品している。終戦後は疎開先の安浦町で過ごし、文展や光風会等に作品を送り、東京に帰ることなく1950年に逝去した。



年表
1883(明治16)年 広島県で生まれる
1902(明治35)年 東京美術学校西洋学科 入学
1905(明治38)年 白馬会展に入選
1907(明治40)年 東京美術学校西洋学科 卒業
          イギリスに留学
1909(明治42)年 フランス、イタリア、ドイツ、オランダ、アメリカを巡る
1910(明治43)年 帰国
          有島生馬と滞欧記念展を開催
          白馬会に水墨画を出品
          第4回文展に「坐せる女」を出品 3等賞受賞
1911(明治44)年 第5回文展に「瓦焼き」を出品 2等賞受賞
1912(明治45)年 第6回文展で2等賞受賞
1913(大正2)年 日本水彩画展の創立に参加
1916(大正5)年 文展審査員
1918(大正7)年 光風会会員
1929(昭和4)年 帝国美術院会員
1932(昭和7)年 東京美術学校教授
1937(昭和12)年 帝室芸術院会員
1944(昭和19)年 帝室技芸員
1950(昭和25)年 死去

南薫造 の代表的な作品

  • 「坐せる女」
  • 「夕日に祈る」
  • 「帽子の少年」

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み買取

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:00(月〜土、祝日も営業)
pagetop