買取作家

池田満寿夫

いけだ ますお

池田満寿夫 の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では 池田満寿夫 の作品を高く評価し買取しております。
もし 池田満寿夫 の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

池田満寿夫(いけだ ますお 1934(昭和9)年2月23日-1997(平成9)年3月8日)は、昭和から平成時代に活躍した日本の芸術家。観画家、画家、陶芸家、作家など多岐にわたって活躍した。
旧満州国奉天市に生まれる。戦後は郷里の長野市に引き上げる。長野北高等学校に在学中、描いた作品が入選。画家を志すようになる。


長野北高等学校卒業後に上京。東京芸術大学進学を目指すが、受験に3度失敗。大学進学を断念する。この受験のうち1回は油絵科志望。2回は彫刻科志望であった。


大学への進学は断念したが、酒場で似顔絵を描き生活費を稼ぐ生活を送る。その間19歳で自由美術家協会展に出品、入選を果たす。その後、画家である瑛九の勧めで色彩銅版画の作製に取り組む。1957年には東京国際版画ビエンナーレ展に入選。以後出品を続け、1960年に同展で文部大臣賞を受賞し注目される。


1961年には上野・不忍画廊で初の個展を開催。その活躍は国外でも評価が高く、1965年ニューヨーク近代美術館で日本人として初の個展を開催。1966年には棟方志功に次いで版画家としては最高権威のヴェネツイア・ビエンナーレ展版画部門の国際大賞受賞。この頃から米国陶芸界の第一人者であるピーター・ヴォーコスと交流があった。その後もリュブリアナ国際版画ビエンナーレ展やクラクフ国際版画ビエンナーレ展など出品し入選。多数の賞を受賞している。


外国人審査員からの評価が高く、国際審査員ウィリアム・S・リーバーマンに認められ、リーバーマンの企画でニューヨーク近代美術館での個展も開催している。水墨画などの影響を受けていた事で作品の中に東洋の影が見えたため、外国人審査員から評価が高かった。


その後は水墨画や文学、書、映画、陶芸、小説など多彩に活躍した。1977年には「エーゲ海に捧ぐ」が芥川賞受賞。この作品は自身の手で映画化され、話題となった。


晩年は陶芸制作に没頭していた。池田の陶芸作品の中でも、般若心経シリーズは最高傑作と言われた。地蔵などの作品は、エロスの作家といわれた池田版画のイメージとは違ったものである。
一方で多摩美術大学客員教授として後進の指導も行っていた。


国際的にも広く活躍をしていた池田満寿夫だが、1997年3月8日に静岡県熱海市の自宅で地震に遭い、心不全のため急逝した。この直前には多摩美術大学教授への就任が決まっていた。


作品は官能的な作風が多く、エロスの作家ともいわれていた。多彩に活躍を見せ、高い知名度だったが、多彩であるがゆえに現在でもなかなか正当に評価されていない。



年表
1934(昭和9)年 旧満州国奉天市に生まれる
1945(昭和20)年 郷里の長野市に引き上げる
1951(昭和27)年 第1回全日本学生油絵コンクールでアトリエ賞受賞
1957(昭和32)年 東京国際版画ビエンナーレ展 入選
1960(昭和35)年 東京国際版画ビエンナーレ展 文部大臣賞受賞
1961(昭和36)年 第2回パリ青年ビエンナーレ展 優秀賞受賞
1962(昭和37)年 第3回東京国際版画ビエンナーレ展 東京都知事賞受賞
1964(昭和39)年 第4回東京国際版画ビエンナーレ展 国立近代美術館賞受賞
1966(昭和41)年 第33回ヴェネチア・ビエンナーレ展 版画部門大賞受賞
1969(昭和44)年 第8回リュブリアナ国際版画ビエンナーレ展 入賞
1977(昭和52)年 小説「エーゲ海に捧ぐ」 第77回芥川賞受賞
1978(昭和53)年 映画「エーゲ海に捧ぐ」監督
1997(平成9)年 死去

池田満寿夫 の代表的な作品

  • 「楽園に死す」
  • 「姉妹たち」
  • 「天使のいる風景」
  • 「バラはバラ」
  • 「Spring and Springs」
  • 「青い椅子」
  • 「愛の瞬間」

出張買取の流れ

Step1
出張依頼

お気軽にご相談・ご依頼ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

出張依頼

Step2
日時決定

お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

日時決定

Step3
ご訪問・査定

ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

ご訪問・査定

Step4
買取・お支払い

ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金で買取りいたします。

買取・お支払い

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み鑑定会

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)
pagetop
TEL:0120-085-108 LINEでのご相談・お申込みはこちら メールでのご相談・お申込みはこちら