買取作家

梅原龍三郎 買取強化中 帝室技芸員

うめはら りゅうざぶろう

梅原龍三郎 の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では 梅原龍三郎 の作品を高く評価し買取しております。
もし 梅原龍三郎 の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

梅原龍三郎

梅原 龍三郎(うめはら りゅうざぶろう 1888年(明治21年)3月9日 - 1986年(昭和61年)1月16日)は、日本の洋画家。京都府出身。
1914年(大正3年)までは梅原 良三郎(うめはら りょうざぶろう)を名乗った。

ヨーロッパで油彩画を学びその技術に、桃山美術・琳派・南画などの日本の伝統的な美術を取り入れ、絢爛で豪快な色彩とタッチが独特の世界を表現し日本洋画界の重鎮として活躍した。

実家は染物問屋で、高校を中退後、伊藤快彦に師事。そののち、浅井忠が主催する聖護院洋画研究所(現・関西美術院)に入門した。


1908年には渡仏する。パリ滞在中ルノワールの指導を受け、知人である有島生馬の力を借りパリの芸術やルノワールについての記事を「白樺」に掲載した。

帰国後は白樺社同人の武者小路実篤・志賀直哉・柳宗悦らと交流した。一方で、東京美術学校(現:東京芸術大学)の教授でもあり、後進の育成に務めた。

1953年に軽井沢にアトリエを設立。1957年には日本芸術院会員を始めにさまざまな役職を辞し、渡欧を繰り返して自由に制作に励んだ。

梅原龍三郎 の代表的な作品

  • 「横臥裸婦」
  • 「立裸婦」
  • 「北京秋天」
  • 「姉妹併座図」


出張買取の流れ

Step1
出張依頼

お気軽にご相談・ご依頼ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

出張依頼

Step2
日時決定

お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

日時決定

Step3
ご訪問・査定

ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

ご訪問・査定

Step4
買取・お支払い

ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金で買取りいたします。

買取・お支払い

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み鑑定会

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)
pagetop
TEL:0120-085-108 LINEでのご相談・お申込みはこちら メールでのご相談・お申込みはこちら