買取作家

岡田三郎助 買取強化中 帝室技芸員

おかだ さぶろうすけ

岡田三郎助 の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では 岡田三郎助 の作品を高く評価し買取しております。
もし 岡田三郎助 の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

岡田三郎助

岡田三郎助(おかだ さぶろうすけ、 1869年(明治2年)1月22日 - 1939年(昭和14年)9月23日)は日本の洋画家。佐賀県出身。女性像を得意とし、日本画の様な雰囲気を併せ持つ洋画を多く残している。
肥前佐賀藩の名家であった石尾家に三男として生まれる。幼名芳三郎。1887年に岡田家の養子となる。百武兼行の作品に出合い、洋画家を志す。曽山幸彦に師事し、次いで堀江正章に学ぶ。



1892年には大幸館に入学。洋風絵画を学び、翌年卒業。1894年には久米桂一郎の紹介で黒田清輝を知り、指導を受けた。1895年の第4回内国勧業博覧階では「初冬晩暉」を出品し、3等賞を受賞。作品の制作を行う一方で、1896年に東京美術学校助教授、1902年には教授を務め、後進の指導に励む。また、白馬会の創立にも参加。



1897年には文部省留学生としてフランスに留学。ラファエル・コランに師事。ヨーロッパ各国を見学し、1902年に帰国。帰国後は岡田八千代と結婚する。その後も活動を続け、1907年の東京勧業博覧会に「婦人像(某婦人の肖像)」を出品。1等賞を受け、同年に文展審査員に選ばれる。



また、藤島武二と共に本郷洋画研究所を設立。装飾美術家協会の結成にも参加。帝国芸術院会員や帝室技芸員となり、後に文化勲章を受章する。1930年に第2回欧州旅行を文部省より命じられ、ヨーロッパの美術や工芸を視察した。
画風は繊細な雅趣に富んでおり、人物画や風景画を得意とした。




年表
1869年 佐賀県に生まれる
1887年 上京 岡田家の養子になる
    曽山幸彦に師事
1892年 大幸館 入学
    堀江正章に師事
1893年 大幸館 卒業
1894年 黒田清輝に学ぶ
1896年 東京美術学校 助教授
    白馬会の創立に参加
1897年 フランスに留学
    ラファエル・コランに師事
1902年 帰国
    東京美術学校 教授
1907年 東京勧業博覧会に「婦人像(某婦人の肖像)」を出品 1等賞
    文展審査員
1912年 本郷洋画研究所を設立
1919年 装飾美術家協会の結成に参加
    帝国芸術院会員
1930年 文部省に欧州出張を命じられ渡欧
1934年 帝室技芸員
1937年 第1回文化勲章受章
    帝国芸術院会員
1939年 死去

岡田三郎助 の代表的な作品

  • 「ヨネ桃の林」
  • 「あやめの衣」
  • 「婦人半身像」

出張買取の流れ

Step1
出張依頼

お気軽にご相談・ご依頼ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

出張依頼

Step2
日時決定

お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

日時決定

Step3
ご訪問・査定

ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

ご訪問・査定

Step4
買取・お支払い

ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金で買取りいたします。

買取・お支払い

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み鑑定会

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)
pagetop
TEL:0120-085-108 LINEでのご相談・お申込みはこちら メールでのご相談・お申込みはこちら