買取作家

椿貞雄

つばき さだお

椿貞雄 の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では 椿貞雄 の作品を高く評価し買取しております。
もし 椿貞雄 の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

椿貞雄(つばき さだお、1896-1957年)は、大正から昭和時代に活躍した日本の洋画家である。1896年2月10日に山形県米沢市に生まれる。兄の影響を受け画家を志す。

1913年上京。正則中学校に転入。岸田劉生の個展を見て感動し、自身が制作した作品を持って岸田劉生の家を訪ね、1914年に師事。翌年、草土社創立同人となる。また、巽画会、院展洋画部、二科会或は初期春陽会に出品する等、つねに岸田劉生と行動を共にする。作品も岸田の影響を強く受ける。春陽会の創立に客員として参加し、武者小路実篤らの提唱による大調和会創立にも参加する。1929年国画会に招かれて会員となる。
岸田劉生がこの世から去った際には虚無感に襲われ、立ち直るためにヨーロッパへ遊学している。
戦後にようやく立ち直り、自由に絵を描けるようになった。作風はそれまでの重厚な色調に明るい大らかさが加わるようになる。写実的な画風を守りながらも静物画・風景画に取り組む。また、千葉県美術会結成に尽力。日本画制作も行なった。
1957年12月29日千葉大学附属病院でホドキン氏病のため逝去した。


年表
1896年 山形県米沢市に生まれる
1913年 上京
1914年 岸田劉生に師事
1915年 草土社創立同人となる
1920年 第1回個展を京都で開催
1921年 東京で最初の個展を開催
1922年 春陽会の創立に参加
1929年 国画会会員となる
1957年 死去

椿貞雄 の代表的な作品

  • 「髪すき図」
  • 「冬枯の道」
  • 「寝椅子に寄った裸婦」
  • 「帽子をかぶった少女像」

出張買取の流れ

Step1
出張依頼

お気軽にご相談・ご依頼ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

出張依頼

Step2
日時決定

お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

日時決定

Step3
ご訪問・査定

ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

ご訪問・査定

Step4
買取・お支払い

ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金で買取りいたします。

買取・お支払い

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み鑑定会

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)
pagetop
TEL:0120-085-108 LINEでのご相談・お申込みはこちら メールでのご相談・お申込みはこちら