買取作家

三岸節子 買取強化中

みぎし せつこ

三岸節子 の買取は古美術永澤にお任せください

古美術永澤では 三岸節子 の作品を高く評価し買取しております。
もし 三岸節子 の作品がお手元にございましたらぜひご相談ください。

三岸節子

三岸 節子(みぎし せつこ、1905年(明治38年)1月3日 - 1999年(平成11年)4月18日)は日本の洋画家である。また、新制作協会会員。
作品の中には「花」という名前の作品が多くあり、節子にとって花は生命力を感じさせるものであった。花を愛し、生涯に亘り描き続けた。花の作品からは節子の人生がうかがえるほどに作品が変化している。
出身は愛知県中島郡小信中島村(現在は一宮市小信中島)であり、尾張物工場を営む裕福な家に生まれた。旧姓を吉田と言う。母・菊は鵜飼氏で、安政の大獄で死罪となった水戸藩士・鵜飼吉左衛門(幼名は菊三郎)の一族である。しかし、この家は不況のため倒産した。この大きなショックを経て、この頃興味を抱いていた絵の道へと進む。また、当時の画壇における女性の地位向上に努め、生涯にてたくましい精神力で生命を賛歌する作品を描き続けた。
1921年に本郷洋画研究所で岡田三郎助に師事した。1924年には三岸好太郎と結婚。1946年、女流画家協会を創立した。1950年代までは花瓶に挿した花を画面全体に描いている。この時節子は日本にいるため、室内画が多く存在する。1954年にフランスへ渡り、20年余りの異国生活をする。1968年からは南仏に居を移し、息子の黄太郎とヨーロッパの各地を巡った。風景画の傑作を生み出し、言葉の通じない異国での孤独感や老化による体の衰えと闘いながら絵を描くことに励んだ。1970年代の頃には庭にある花を描いていた。この時、日本から海外に舞台を移したことで、風景画を描くようになった。1989年には帰国し、神奈川県大磯町の自宅兼アトリエにて制作を続けた。この頃節子は84歳であった。1994年に女性洋画家として初めて文化功労者となる。1998年、市が第三者の手に渡っていた節子の生家跡を買い取り、三岸節子記念美術館を建設し、11月3日に開館した。その翌年1999年に節子は急性循環不全により、大磯の病院で死去した。当時は94歳であった。

三岸節子 の代表的な作品

  • 「花」
  • 「さいたさいたさくらがさいた」
  • 「ヴェネチアの家(フランス)」
  • 「小さな町(スペインのアンダルシア)」

出張買取の流れ

Step1
出張依頼

お気軽にご相談・ご依頼ください。お電話・LINE・メールフォームから承ります。

出張依頼

Step2
日時決定

お品物についてお聞きした後、ご都合のよいご訪問日時を調整し決定いたします。

日時決定

Step3
ご訪問・査定

ご指定の日時に目利きがご訪問し、お品物を拝見して、査定額をご提示いたします。

ご訪問・査定

Step4
買取・お支払い

ご提示した査定額にご納得いただきましたら、その場で現金で買取りいたします。

買取・お支払い

お問い合わせまずはお気軽にご相談ください。LINE・メールフォームから無料査定も承ります。

フリーダイヤル 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)

0120-08-5108

古美術永澤の3つの買取方法

選べる3つの買取方法

出張買取

  • 宅配買取
  • 持込み鑑定会

お問い合わせ・無料査定

  • 0120-08-5108
  • 受付時間 8:30〜17:30(月〜土、祝日も営業)
pagetop
TEL:0120-085-108 LINEでのご相談・お申込みはこちら メールでのご相談・お申込みはこちら